【特別費】予算を立てることで家計が安定する!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

家計が赤字で困っている方いませんか?

そんなあなたも、今日から家計が安定する!そんな技があるんです。

年間特別費という項目を作って予算たてをする事です。

毎月の支払とは別に、税金、冠婚葬祭、大きな旅行など大きな金額が動くことが

ありますよね?

そこを初めから予算たてしてしまう事で、赤字に転落する事が激減するのです。

家計管理が苦手な私もこれをすることでかなり家計が安定しました!

以下に詳しくやり方をまとめたので是非見て行ってくださいね。


スポンサーリンク




特別費をかき出して予算を立てる!!

特別費は、その家によって違います。

我が家の場合で言うと、車が無いので、車検代は必要ないです。

その様に、まずは、自分の家での年間特別費を紙にかき出してみます。

例として

・自動車税

・固定資産税

・家賃の更新料

・各種税金

などが当てはまるかなと思いますが、各家庭により違ってくるので

昨年の事を思い出して書くと色々出てくると思います。

年間で掛かる特別費には、他にも

・お年玉代

・クリスマスプレゼント

・誕生日代

・行事代

・ランドセルや入園、入学金など

細かい出費もありますね。

年間特別費の中でも、

・絶対に支払うもの、

・自分である程度調整できるもの

分けて考えると尚分かりやすいです。


スポンサーリンク



特別費内訳、絶対に支払うもの、調整できるもの

先ほども例に挙げましたが、

絶対に支払うもの

・自動車税

・固定資産税

・車検代

・家賃更新代

自分である程度調整できるもの

⇒【帰省】交通費やお土産代は事前の計画性が大切!! 

・旅行代

・誕生日などのお祝い事

・夏休み、冬休みなどの出費

・家電買い替え費用

次に細かい出費の例です。

・病院代(定期的に行く)

・美容室代

・予防接種代(我が家で言うとインフルエンザワクチン)

・夏の洋服代(まとめ買い)

・冬の洋服代(まとめ買い)

・コンタクト代

・眼鏡代

・習い事の臨時出費代

まだまだ、各家庭で色々な出費があると思います。

優先順位としては、

1.絶対に支払う予定がある年間特別費

2.ある程度調整できる年間特別費

3.細かい特別費(まとめ買いしておきたいものなども)

特別費とは言えども、予算が足りない場合もあると思います。

そういう時は、1の項目は削れないので、2.3の項目から削れるものを削ります。

ここまで、細かく項目をあげたら、後は、12ヶ月に分けた紙に

何月にどの出費と書いて、

さらに、予算○○万円などと書いて行くと便利です。

キッチンなど目につく場所に貼っています。

特別費を立てると家計管理がうまく行く

特別費があることで、色々なメリットがありました。

心に余裕が出来るので、冠婚葬祭などの臨時出費があっても、気持ち良くお金を出すことが出来るようになりました。

冠婚葬祭では、お金をケチることはしたくないですよね!!

でも、家計が大赤字の時に、冠婚葬祭が急に起きると、心の中は穏やかじゃないことになりがちです。

そうならないで、気持ち良くお金を出すことが出来るようになります。

特別費の予算を立てていない時は、どうにも、毎月変動が大きく、特別出費が無い時には、黒字で余裕のある生活が出来るのに、特別費がかさむ月は、一気に赤字になってしまい、そのせいで、食費を無理に減らしたりして貧相な食事になって家族からブーイングが起きたり、自分自身もストレスが溜まるという事になりがちでした。

予算を立てると、あらかじめ決まっている事で先の見通しが立ちやすく、とっても快適な気分になることが出来ました。

なので、もし家計管理が苦手な方が居て、どうやっても赤字になってしまうという事で困っている方がいたら、試しに特別費の予算たてをしてみてください。

もしかしたら、うまくいくかもしれませんよ(^▽^)/

⇒【赤字家計】大型出費で通帳残高がまずいことになってしまった


スポンサーリンク





にほんブログ村


にほんブログ村

関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする