胃の内視鏡を受けます 2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ネットで見つけた文字

こうなった経緯についてコチラです。

そんな時に、ネットサーフィンで症状を検索していたら文字が飛び込んできました。

逆流性食道炎

という文字です。症状は色々あるのですが、胃から出た胃酸が食道や喉の方まで逆流してくる病気だそうです。

消化が悪いものを食べたり、締め付けるような恰好や、妊婦さんで内臓が押し上げられるようになる後期などに多く発生するらしいのです。

逆流性食道炎で検索すると、痰や咳が出る人も居る事、また喉の違和感や食道の詰まる感じがある人も居るという事でした。吐き気やおう吐もあったり様々でしたが思い返すと人生でこの様な感じになった事が過去にもあったのです(;’∀’)


スポンサーリンク




精神的なもので息苦しくなるヒステリー球という症状がありますがそれだと思っていました。勿論そういう時もあったと思いますが、この感じを過去にも感じたことがあったような

そして、コンビニのハンバーグ弁当を食べた夜におう吐したのは人生で2度目なのです。人によって消化しにくい食材があるらしいのですが、私はひき肉系がダメみたいです。好きなのに。。また家のカレー(ルーが市販)のモノも近年全く受け付けなくなりました。

インドカレー屋さんのカレーはあまり胃もたれしないのですが(;^ω^)

という訳で、まだ逆流性食道炎と決まったわけではないのですが、(他にも似た症状で怖い病気がありそれも怖いのですが)胃カメラをしてくれる内科が近所にあったので、そこを受診しました。

そして、先生に症状を言うと、痰が絡むのは??あまり良く分からないけど取りあえず内視鏡を見てみないと分からないのでやりますか??と言われて確かに中を見ないと何とも言えない症状だよね・・と思いその場で予約を取りました。

予約までの日々

ネットで逆流性食道炎の事を知ってからは、とにかく今までの食生活を思い返してそりゃそうだと思いました。

家族には、結構きちんとご飯を作るのですが自分のご飯は適当に済ませる事が多くまたランチは結構買い物ついでに外でこってりしたクリームパスタやピザなどを食べる事も(;^ω^)何より、胃が弱いのにコーヒーを結構飲んでさらには、甘いものなどの間食が息抜きという始末でした。

ここ数年で体重も増加して、お腹の肉が特に浮き輪の様につくようになりました(-_-;)これはとても良くない様でした。

こってりしたものを食べると自分が辛い症状になると分かったのでその日からうどん、おかゆ、雑炊、肉の中でもましなささみ、など淡泊な食生活に替えたのですが(´;ω;`)家族の食事は作らなければならない、お菓子も食べられない(;^ω^)これ、いつまで続くんだろうと考えると気持ちが絶望的になりました。丁度、排卵の時期だったのかPMSの症状なのか自分でも焦るほど気持ちが暗くなって怖かったです。

その頃睡眠不足気味でもあったので、食べれない、眠れないというのは精神衛生上にとっても悪いのですね。

もうすぐ胃の内視鏡

胃の内視鏡を受ける日が近づいています。見た所でこの症状が治るのか。そして、本当にこの病気なのか??色々考えると良くないのでぼんやり過ごそうと思いますが元来の性格がこういう時には災いして負のスパイラルに(;^ω^)

もう自己啓発本でも買ってしまおいかなという勢いです。鎮痛剤を使うということなのでかなりぼんやりした感じで行われるとのことなので大丈夫かと思いますが(;^ω^)

やはり怖い。

でも出来るだけリラックスして臨みたいと思います。

原因がはっきりして早く良くなればいいと思います。


スポンサーリンク




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(30代)へ
にほんブログ村