【逆流性食道炎】漢方薬を飲み始めて30日経過した現在の体調

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

逆流性食道炎の症状に悩まされた事のある方は、分かると思いますが症状に波がありませんか?

良くなったと思ったら、悪くなったりして精神的にも浮き沈みを感じる事も・・・

逆流性食道炎と診断されて、病院からはタケキャブなどが出されて飲んでいましたが

現在は、漢方薬も飲んでいる状態です。

漢方薬を処方されてから30日間経った現在の症状と精神状態と自分なりに元気をだす対策などをまとめました。

良かったらご覧ください。


スポンサーリンク



逆流性食道炎による喉の圧迫が減少!症状に波がある

逆流性食道炎で出されたタケキャブで症状は落ち着いたものの一番不快な症状が治らないため

漢方内科で漢方薬を処方してもらった後の経験談です。

漢方薬を処方されて30日経過した現在、症状は、落ち着いてきたものの波があります。

漢方内科の医師によると、女性は特にホルモンバランスも影響するので、排卵日周辺や生理日周辺も症状が出る場合があると言っていました。

後は、天候にも左右されるとのことでした。

喉の圧迫はかなり減って来た!しかしまだ不安が残る

圧迫が怪しいなという事は多々あるのですが、(何となーく変な喉の締め付け感が始まる様な感じ、ちょっとせき込むような)かなり減って来て嬉しいです。

ただ、体調が良い時があれば急にまた具合が戻る時も経験しているのでビビりの私は心から安心はできずびくびくしている毎日です。(それが多分余計良くないんでしょうね(-_-;))


もっと、ドーンと構えられる性格ならこんなことにもなっていない気もするし・・

逆流性食道炎の落ち込みを解消するためにウォーキング

たまにお友達と沢山歩いてランチするんですが、今日は曇り空で風は強かったけど結構快適でした。ランチは、ちょっと大丈夫かなと不安でしたが、食前に六君子湯を飲みスタンバイ!!

なるべく、鶏肉や野菜を使ったお料理を頼みましたが、ご飯の量が多い!!

ご飯は、私の体質的に逆流性食道炎にあまり良くないような気がしているのですが

今のところ大丈夫で安心しています。久々に沢山食べたご飯とおかず凄く美味しかったです・

最近は以前に比べて外食も結構できるようになり・・嬉しいです。

今日は、野菜炒めみたいなものにチキンが載っていて更にちょっとだけ揚げ物もあり(-_-;)

揚げ物は大丈夫か迷いましたが食べました。

以前なら考えられませんが、明日の体調に響きませんように・・

夜は、抑えめで行こうと思いますが、家族の夕飯は

唐揚げなんですよね。食べたいな。。

体調の変化とともに子育てや家計管理にも関心が戻る

お友達と色々な話をしていると仕事の話も出ます。

逆流性食道炎の症状が酷い時には、生きるだけで精いっぱいだったので家計管理や子育ての事は、何とかこなすという感じでしたが、現在は、しっかりと興味関心が戻りました。

これも、心に余裕が戻ってきた証拠でしょうか。

パートについてもまた関心が戻ってきました。

⇒【専業主婦】だったママ友がパートを始めて焦り始める心境について 
スポンサーリンク




漢方薬を飲んでから30日目の体調ですが、徐々に良くなってきて通常のご飯も食べられるようになっていますが、まだ甘いものやカフェインは控えていて油断できない感じの状態です。

タケキャブも3日に一回飲んだりしている位です。

そのうち飲まなくても良い様になれば良いのですが、ただ昨晩なんですがどうにも夜胃がモタレテしまって寝つきが悪かったのですが原因を考えると夜ご飯に鍋の残りのうどんを食べたのですが、豚バラ肉も入っていてそれを食べたのとちょっとポテトチップスを食べたことが原因かな??と思っています。

色々身体で試して今後も対策していきたいと思います。

追記

2019,6現在体調は、とても良くなり今は、薬も一つも飲んでいません。

食欲も戻り普通通りの食事をしているのですが、暴飲暴食(食べ放題)なども行けるようになりましたし、チョコレートにはまりすぎて太ってしまいました。

それでも、特に酷い症状は出ていません。

ただ、色々と気を付けている事もあります。

以前のように行きたいだけファストフードに行ったりはしなくなりました。

そして、ちょっと胃が怪しいなと思った時は、すぐに漢方やハーブティーで調整をしています。

この頃の自分も将来に希望が持てなくていつか美味しい物を食べられる日が戻るのかと泣きそうな気持だったので

【好きなものが食べられるようになったよ】

という体験談を載せました。


スポンサーリンク




にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(30代)へ
にほんブログ村