【逆流性食道炎】漢方内科では体調に合わせて薬を変えてくれる!!処方された漢方薬

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

風邪をひいていた前回から漢方薬が変更になりました

定期的に通い続けている漢方内科ですが日により混雑具合が全然違います。

いつもは、夕方子供が学校から帰宅してから行くので遅めの予約時間ですが・・・

夏休みという事もあり今回は、午後一番の予約時間をゲットできました。

何だか凄く咳をずっとしている人が居て・・(おばさん)はじめ何でマスクしないのかな??と思ったら後で看護師さんと話していて喘息??気味なのかそんな話をしていました。

通っている漢方内科では、心療内科的なことやアトピー、ぜんそく系の方も診ているので

沢山の症状の人が居ます。初めは、漢方以外の薬も出しつつ体質改善を行っていくそうで評判は上々の様です。

今回、呼ばれて診察室に入った時に何だか先生がお元気が無くて・・・

まあ、お疲れなのかな??と思って子供から診察を始めました。

前回は、咳が出ていたので麦門冬湯が出されていまして

・六君子湯(りっくんしとう)

麦門冬湯(ばくもんどうとう)⇒小青竜湯(しょうせいりゅうとう)

・辛夷清肺湯(蓄膿気味)

・六君子湯

・加味帰脾湯(かみきひとう)

麦門冬湯 なし

だったのが赤字の部分が青字に変更になりました。

下の子にも以前は小青竜湯が出ていましたが今回は出なかったです。

私は、前回は子供の風邪が移ったのか??かなり体調が悪くて・・

頭痛と吐き気があったのですがすっかり良くなり・・しかし少し蓄膿感を感じていたので

・六君子湯

胃苓湯(いれいとう)⇒六味地黄丸料(ろくみじおうがんりょう)

小柴胡湯(前回喉も痛いと良い頭痛にも効くとか言っていたような??)⇒辛夷清肺湯

に変更になりました。

六味地黄丸料(ろくみじおうがんりょう)の効果なんですが

疲れやすい、めまい、老化による腰痛、体質が虚弱な子供の体質補強・・などなど

兎に角疲れに効くようです(笑)私にピッタリの処方・・そういえば、最近疲れやすさは減少している感じがします。(気のせい??)

飲んでみると(お湯に溶かして飲んでいます)他のものに比べて酸味??を感じます。結構美味しいです。乾燥している人に向いている(ほてりやのぼせ)ようで先生に何度か乾燥してる??と聞かれました。いつも乾燥しているか感じないので舌を診せます。

どうやら私は乾燥しているようです。

薬剤師の人に、胃腸は大丈夫ですか??と聞かれてなぜか聞いた所・・

この漢方薬は、胃腸にくる場合があるらしいのです。(私は胃腸は弱めですが今のところ副作用は感じません)

先生に、イライラする??と聞かれたのですが(イライラには抑肝散)すぐに違う会話になり(笑)舌を診せてと言われてバタバタと診察が終了しました。

抑肝散は、次回出してくれるそうです。イライラは年中しているので(;^ω^)何とも言えませんでした・・・とにかく先生はテキパキというか早い早い!!

薬局に行くと何だかご立腹の中年男性がいて・・もしかして先生の元気のなさはこれ??

お会計が終わり、いつもの様に薬局へGO!!結構交通量が多い道なので子供たちの手をがっつり握りすぎて、ママ痛い痛いと言われる(◎_◎;)

凄い心配性なんです・・・


スポンサードリンク



薬局に入ると

何だか雰囲気がおかしい(;^ω^)

1人の男性が何だかご立腹気味で話をしている・・・・どうやら漢方の先生の事みたい!!

以前も出してもらった漢方があると言っているのにどうたらこうたら・・

痛み止めだけ欲しいのに・・・うんたらかんたら・・・

全部は聞いていませんが(子供たちがなんか言ってくるので)不満があるようで。

恐らく、漢方薬がまだあるから今回は良いと言っているのに出してくるけど日本語があまり通じずあの先生おかしいんじゃないの??とご立腹のご様子でした。

確かに、薬を貰うのにお金が掛かりますし、大きな問題ですよね。

隣で薬を貰っていた赤の他人の男性がその人に話しかけていました??

あの先生??薬の事??とか・・・その人も薬の件で病院替えたと言っていました、、

一緒になって文句??を言いたいみたいでしたが始めに文句を言った男性はそういう風に共感したいようでは無かった様で・・適当に話をあしらっていました。

せまい、薬局なのでピリピリ感が嫌でしたが色々な考え方がありますよね。

私も先生は元々日本語を話す方ではないのでたまに通じない時がありますが、見立てはとてもしっかりされているので!!信頼しています。

しかし、漢方以外の症状で来たかたにとってはただ薬を出してほしいのに通じないとかいう事もあるんでしょうね。その方は痛みもある様ですし、きっとお仕事の合間を縫ってきているのでイライラも倍増したのでしょうね・・・(;^ω^)

私の身内も少しだけ不信感を感じた時期もありましたが効果が凄く今も通っています

実家の家族に調子の悪いものが居て病院を紹介しました。元々漢方に詳しく医療系の仕事をしているので薬にも詳しいのですが・・

先生の診たてはすごいね!!と紹介したことを感謝されたのですが・・・

仕事をしていてまた場所も遠いので中々仕事帰りに寄れる距離では無くて(診療時間が終わってしまう)休みの日にしか行けないので先生に、聞いた所薬の量を増やしてくれて来院する回数を調整してくれると言っていたのに・・・

次回行った時には、それは出来ないと言われたと混乱していました(◎_◎;)

そんな事もあり・・・ちょっと疑問を感じた事もありましたが効き目は抜群だったようで今も通っています。

先生も人間・・色々な人を診ていると分からなくなる事もありますよね!!とにかく激込みなので・・・

下の子の寝つきが取っても良くなり本人も喜んでいるのが嬉しいです

子どもって全然何も言わないので知らなかったのですが・・・

漢方内科に掛かった時に、色々問診される中で知った事ですが、中々眠れなかったり

幼児の言葉だと難しくて伝わらなかったのですが

要するに熟睡できない事が多かったようなのです。

家で一番の甘えキャラでわざと心配させようとして言っている時もあるので話半分に聞いていました(今までも、寝れなかったーとか怖い夢見たーとかいう時があったので)

でも、帰脾湯という漢方薬が貧血を改善して不眠にも効果があると言われているのです。

初めに行った時に、この子は虚弱体質だと脈診で言われて血液検査をする血液を診て先生が

やっぱりねと言ったので。。貧血気味??だったのでしょうか??ここはよくわからず。

六君子湯とともに帰脾湯が出されて

その日病院ですぐに飲ませ帰宅してからビックリする位すぐに横になり寝てしまいました

良く赤ちゃんの頃とかに、ご飯食べながら寝たとか、ソファーでテレビ観ている間に寝ちゃったとかいう話を聞きますがうちの子達はそういう事は合計一回くらいしかなかったのです。

本当に寝つきが悪くて寝かしつけにも苦労したんですが、もしかしたら不眠気味というのは赤ちゃんの頃からあるのかもしれませんね。

そうなると・・・夜泣きに悩む赤ちゃんにも漢方薬は良いのかもしれませんね!!!

話が脱線しましたが・・・翌朝、あーーーよく眠れた!!

と言って起きてきた時の嬉しさを忘れられないとともに今まで小さい身体で本当に眠りが浅かったんだ。。。。と親として本当に申し訳なかったです。子供の声にもっともっと耳を傾けないといけないなと思いました。

帰脾湯と加味帰脾湯の違いは何だろう??

今は、

帰脾湯から加味帰脾湯へ変更になり違いを調べてみました。

加味帰脾湯は、帰脾湯に柴胡と山梔子を加えたものだそうです。

まず、

柴胡の効能は

熱を下げる、炎症を抑える、肝臓の解毒作用、気分の安定という効果

そして

山梔子の効能は、

熱を取り、のぼせ感やイライラを抑える、不眠を改善する

熱を抑える効果により、帰脾湯よりもより

不眠症状やイライラ、を抑えるという事らしいのですが・・

薬の説明にも

虚弱体質の血色が悪い人向けと書かれていて・・・

超絶元気いっぱいに見える下の子ですがこの様な体質だったのですね・・・

赤ちゃんの頃に手足の冷たさにびっくりした記憶があるので・・

今のうちに体質に気が付けたのはまだよかったかもしれません。

その日以来、夜は熟睡出来ているようで(本人曰くですが)

朝も割とスッキリ起きれているようで・・しかし、夏なのでエアコンなどの関係で暑かったり寒かったり親が調整して自律神経もなるべく乱れない様に食事にも気を付けようと思います。

大切なのは、睡眠と毎日の食事ですね!!

漢方薬はあくまで補助として日々食事で健康を保つことが出来るように!!精進します。


スポンサーリンク




にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(30代)へ
にほんブログ村