【小児はり】子供の精神的な落ち込みにも効く?2回目の鍼での効果は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

精神的な落ち込みに子供に鍼灸を受けさせてみたら

4月、5月は新しい環境で落ち着かない時期だと思います。

子供も同様で、クラス替え、進級、などで子供達もざわざわしたり不安になったりする子も多い事だと思います。

そんな時に、私的に効果的だなと思ったのが、漢方薬と鍼灸です。

他にも整体や色々な方法があると思うのですが、今回子供がかなり不安定になった時に効果があったのが、漢方薬と鍼灸でした。

子供の場合は、学校へ行くにあたり不安な事が心の中で膨らんでしまいパニック?みたいになって精神的に不安定になっているのが分かりました。

私が普段通っている鍼灸院に子供用の鍼もあることは、以前から頭に入っていました。

⇒【鍼治療】耳の詰まりに効果!どんなことするの? 

⇒【鍼灸院】良いお店を選ぶためにしていること

自分の身体では、鍼とお灸の良さを実感していました。

同じく漢方薬も身体と心を整えてくれる効果があることを実感していました。


スポンサーリンク




⇒【ストレス】漢方薬は精神的な不調に効果あり!!

⇒【幼児に漢方薬】効果はあるの??我が家は即効性がありました!! 

ストレスに強い人、弱い人って確実にあると思うのですが、ストレスに弱い人が頑張ろうと思っても限界があることがあります。

頑張りすぎて、心が壊れてしまうのが一番怖い事です。

そんな時、助けになるのが、漢方薬や鍼そしてお灸だと思っています。他にも色々な方法があり、時には、ハーブティーにも助けられています。

小児はりは、250年前の江戸時代からある療法で、自律神経を整える事で身体や心のバランスを整えていきます。

夜泣き、疳の虫などに特に関西方面では昔からある療法の様です。

小児鍼を子供に受けさせるときに色々な鍼灸院のHPをみたのですが、適用症状に発達障害のお子さんにもと書いてあるところが多くありました。

発達障害と診断される子供は、毎年増えている様な?我が家の近所でも何人かのお子さんが診断されていて、色々と大変な事もあるとお母さんたちから聞いています。

鍼がそういうお母さんの手助けにもなればとても助かると思うので、少しでも認知度が広まると良いなと思っています。

我が家の子供に、小児はりの話をしてどうする??受けてみる?と話しました。

すると、痛くない(刺さない)なら受けてみよっかな(⌒∇⌒)と言い出したので、早速予約をして小児鍼をやってもらう事になりました。

パンツ一枚になって、ベッドに横になります。

初めは恥ずかしがっていましたが(;^ω^)タオルをかけてもらって、段々と先生とおしゃべりしていました。

(よく話す子です)

長い鍼(鉄の棒?)のようなもので、さする様な感じをしたり、

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【感謝価格】友好小児鍼【02P06Aug16】
価格:1080円(税込、送料別) (2018/5/13時点)

ローラーのようなもので、腕をこすったり

子供は、かなーりくすぐったがっていましたが、あるポイントで気持ち良くなったのか?

スースーと寝息を立てる瞬間がありました。(寝ていたのか未知ですが)

そして、足首辺りには、本人が気が付かない間に、ちょっとだけ鍼で(刺す)ツンツンされていました。

ツンツンされている時、ちょっとチクッとしたみたいでしたが、本人は、そんなに気にしていませんでした。(まさか、刺してないよね??と言っていました)

そして、棒灸という直接肌につけないお灸をしてもらっていました。

これもかなり気持ち良かったようで、全身が温かくなった~とうっとりしていました。

小児はりが終わった後の子供の感想は?

鍼が終わって、自転車に乗せて帰る時に子供に感想を聞きながら帰ったのですが、

意外な事に、また来たい!気持ち良かった!

という感想が出ました。

また、身体的には、目がスッキリした(視界がくっきり見えやすい)ことと、頭がすっきりしたと話していました。後は、特に足の辺りがとても温まった!

頭がスッキリは、学校へ行きたくないという気持ちがずっと頭に合って頭がいっぱいになっていたみたいですが、鍼が終わった後は、それがかなり頭の中から消えたという事でした。

(勿論、一回目の治療では、頭がすっきりした時間は少なかったですが)

要するに、頭の中の悩みがかなり薄れたという事でした。

この時期、子供は、暇になるとあーー、学校嫌だなと思い出してはグチグチ言っていてそれを聞くたびにこちらの胃の辺りもずきんとしていたものでした。

子供が、初めて鍼治療を受けた時、私も子供が学校を嫌がっていてストレスと不安が溜まっていて親子で治療してもらったのですが、私も少しスッキリする事が出来ました。

この1回目の鍼治療が終わった後から段々と子供の心の調子が整ってきたような気がしていて、近いうちにもう一度鍼治療に通おうとその場で予約しました。

自分は、そんなに頻繁に行けませんが(お金もかかるので)子供の場合、私治療費の半額ですし鍼は、急性期には、頻繁に行った方が良いイメージがあるので、子供は今、短いスパンで通わせた方が良いかなという私の判断からでした。

一回目から2回目までは、一週間後に行く予約を入れました。

ちなみに、漢方薬は、

半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)という漢方が不安にも良く効き、当時の子供の症状が喉の辺りが苦しくなるというものだったので、半夏厚朴湯を飲ませました。

家になかったので、ドラックストアで購入しました。

抑肝散でもいいかなと思いましたが、半夏厚朴湯は、私が昔飲んで良く聞いたのでこちらを選択しました。

2回目の小児はりの治療を受けてますます元気になってきた子供

子供は、良くも悪くも身体と心の変化が速いです。

鍼を受けてから、少し元気が出たり、または、やっぱり落ち込んだり、普段穏やかな子供がめちゃくちゃイライラして、兄弟げんかを吹っかけている姿を見て本当に親としても早く気持ちを穏やかにしてあげたいと思ったものでした。

そして、また予約した1回目から1週間後にはり治療に行く日がやってきました。

子供は、もう慣れたもので、鍼灸院へ行くのも楽しみにしていました。

今回は、前回よりもくすぐったさが減っている様でしたが、たまにくすぐったい~と笑ってしまっていました。

初めは、仰向けの体勢なのですが、その後、うつぶせ寝になって背中の辺りを施術してもらっている時が一番気持ちよさそうで、それまでベラベラしゃべっているのですが、その時ばかりは、静かになってスースーと呼吸音だけが聞こえてきます。

うつぶせ寝になって施術が終わると終了なのですが、まあ、気持ちよさそうで

やはり、今回も

目がスッキリして、頭のモヤモヤが取れた!と言っていました。

私自身も鍼を受けると、毎回頭がすっきりして、特に視界がめちゃくちゃクリアになるんですが、子供もそれを感じているんですね。

東洋医学の話をしてくれる漢方内科で漢方薬を出してもらっていた時に色々聞いた話によると気の流れがあたまに沢山行ってしまうと、沢山色々考えすぎてしまって悩みが凄くなるそうなのですが、確かに私はいつも頭で考えすぎてしまう事が多くて、鍼を受けるとその悩んでいる事がぼんやりとすることがあるんです。

子供も私に似て、考えるタイプ(不安になる)なのかもしれなくて、実際行ってみたら平気なパターンも多々あるので、そういった不安をぱっと消してくれる鍼が良いのかもしれません。

段々と継続していく事で、身体の気の流れが良くなってきて精神的にも落ち込みにくくなってくるような気がするので、

特に、季節の変わり目や、新学期など落ち込みやすい時期には、鍼治療を受けさせておくのもいいかなと思いました。

今後も、もう少し元気になるのが継続するようにしばらく定期的に通っていきたいと思います。

また、通いましたら記事にしたいと思います。


スポンサーリンク





にほんブログ村


にほんブログ村