個人向け国債始めてから4年が経ちました

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

10,000 Yen

ネット銀行で個人向け国債

最近のネット銀行は、とても増えていて何を選んでいいか増やし過ぎても管理しきれないかもと考えてしまします。

私個人は、2つネットバンクに登録していますが、通帳も無いのでちょっと不安ではあります。セキュリティも強化されていますが、家族にはその存在を教えておかないと急に自分が居なくなったりした時には、その存在が知られないままなのかなと思ったり(;’∀’)
2013年ごろ、個人向け国債というものを知りその当時金利も銀行に預けるより良かったので0.3%とかで期待が持てました。今思えば固定5年とかにしておけばよかったなっと思うのですが金利は誰にも分からないですからね・・・


スポンサードリンク




現在、0.05%とかに下がってしまっています(´;ω;`)

我が家は、変動10年で応募しました。

先ほど、これまでの利息をネットバンクの口座から見たら(実際に預けているのは、系列のネット証券です)

100万円預けて、初めの半年で1594円の利息、

次の半年で1355円の利息

段々と減っていき直近の利息が200円でした。

でも銀行に預けているよりは全然いいと思います。国が潰れなければ国債の価値がなくなることも無いですから、もし国が潰れるようなことがあったら銀行だってやばいですよね(;’∀’)

新規申し込みをした時に、2000円貰えているのでそれを合わせて2013年4月から現在まで(2016年10月分)の利息合計は、7374円でした★

途中金利が下がらなければ、もう少し行っていたのが悲しいですがやらないよりは全然ましかなと考えています♪

因みに、この100万円の内訳は50万円が子供たちのお年玉&臨時収入を合計した分(それぞれの通帳に貯めていてその後の分は今もそれぞれの通帳に貯めています)

残りの50万円は純粋に家計からの貯金です。

子供たちの50万円は大人になるまで手をつける事が無いので寝かせておくなら金利が少しでも多い所と考えて決めました。投資なども考えましたが、元本割れをさせたくないので止めました。

投資などでうまく出来る人が羨ましいです。度胸も無い小心者なので・・・

会社の年金財形は凄い!!

主人が福利厚生に関して何も教えてくれない(お金に私以上に無頓着)のでもう少しで知らない事になりそうだった制度があります。

会社の同僚のご家族と集まりお話ししていた時に教えてもらいました。

財形制度があるのは知っていたのですが、ある一定の年齢から入れる年金財形に関しては会社から一年に一度報奨金が出るというのです。

その額貯金した額の1%です。ただし、年金財形は、老後に年金の様に渡されるものなので純粋に本当に使わない金額の貯金以外はすると後でお金が足りなくなるという事で毎月1万円とボーナス時に3万円を貯めているものです。

かれこれ、4年位は経っているので40万円位は貯まっていて毎年報奨金と残金のお知らせがくるのですが、40万円だと4000円の報奨金が付くのでとてもありがたいです。

100万円位まで貯まると毎年1万円の報奨金が付くのは良いですよね。。社内預金とかがあればもっと利息が良い会社もあると思いますがこのご時世夫の会社もどんどん福利厚生が削られているのでどうかこの制度は無くなりませんようにと祈っています。

毎月貯金額を上乗せしたいのですが中々家計管理がうまく回せずこの額になっています。

因みに、普通の財形は下の子の学資保険に入っていないので(上は入っています)下の子の学資保険として入っていて毎月1万5千円とボーナス時に4万5千円という感じです。

大学に入るのでしたら物凄くかかるとうわさに聞くので(;’∀’)ドキドキです。

ここ数年少しずつやりくりがうまくなってきたような気がしますが

毎月夫が稼いでくれるお給料をもう少し上手に貯めていきたいものです。
スポンサーリンク




にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(30代)へ
にほんブログ村