【個人向け国債】貯金を100万円かき集めて始めてから4年が経ちました

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

10,000 Yen

SBI証券で個人向け国債を始めてから早4年が経過した

最近のネット銀行は、とても増えていて何を選んでいいか増やし過ぎても管理しきれないかもと考えてしまします。

私個人は、2つのネット銀行に登録しています。

ネット銀行は・・・通帳も無いのでちょっと不安ではあります。セキュリティも強化されていますが、家族にはその存在を教えておかないと急に自分が居なくなったりした時には、その存在が知られないままなのかなと思ったり(;’∀’)


2013年ごろ、個人向け国債というものを知りその当時金利も銀行に預けるより良かったので0.3%とかで期待が持てました。

今思えば固定5年にしておけばよかったなと思うのですが(5年間金利が変わらないため)

金利は誰にも分からないですからね・・・(;^ω^)当時は変動10年が押されていました。

今後金利が上昇すると言われていたのでした・・・


スポンサードリンク



実際の所は、現在、0.05%に下がってしまっています(´;ω;`)2017.8.19現在

我が家は、変動10年で応募しました。(10年間金利がその都度変更される)

先ほど、これまでの利息をSBI銀行の口座から見たら(実際に預けているのは、SBI

証券ですが口座管理などは銀行で行います)

100万円預けて、初めの半年で1594円の利息、

次の半年で1355円の利息

段々と減っていき直近の利息が200円でした。

でも普通の銀行に預けているよりは全然金利は高いのかなと思います。

国が潰れなければ国債の価値がなくなることも無いですから、もし国が潰れるようなことがあったら銀行もやばいですよね(;’∀’)

新規口座開設の申し込みをした時にキャンペーンで2000円貰えているのでそれを合わせて2013年4月から現在まで(2016年10月分)の利息合計は、7374円でした★

途中金利が下がらなければ、もう少し金利が付いていたのが悲しいですが・・やらないよりは全然ましかなと考えています♪

株などを始めてしまえば馬鹿らしい程の利息かもしれませんが・・・安全な道を選んで貰える金利としては優秀かなと(;^ω^)

因みに、この100万円の内訳は50万円分が子供たちのお年玉&臨時収入を合計した分それぞれの通帳に貯めていてその後頂いた、お年玉&臨時収入は今もそれぞれの通帳に貯めています

残りの50万円は純粋に家計からの貯金です。

子供たちの50万円は大人になるまで手をつける事が無いので寝かせておくなら金利が少しでも多い所と考えて決めました。投資なども考えましたが、元本割れをさせたくないので止めました。

投資などでうまく運用できる方が羨ましいです。度胸も無い小心者なので・・・

会社の年金財形は凄い!!報奨金が貰えるので金利に換算するとお得過ぎる!!

主人が福利厚生に関して聞かないと何も教えてくれない人(お金に私以上に無頓着)なのでもう少しで知らない事になりそうだった制度があります。

会社の同僚のご家族と集まりお話ししていた時に教えてもらいました。

財形制度があるのは知っていたのですが、ある一定の年齢から入れる年金財形に関しては会社から一年に一度報奨金が出るというのです。

貯金した額の1%が報奨金になります。ただし、年金財形は、老後に年金の様に渡されるものなので純粋に本当に使わない金額の貯金以外はすると後でお金が足りなくなるという事で毎月1万円とボーナス時に3万円を貯めているものです。

かれこれ、4年位は経っているので40万円位は貯まっていて毎年報奨金と残金のお知らせがくるのですが、40万円だと4000円の報奨金が付くのでとてもありがたいです。

100万円位まで貯まると毎年1万円の報奨金が付くのは良いですよね。。社内預金とかがあればもっと利息が良い会社もあると思いますがこのご時世夫の会社もどんどん福利厚生が削られているのでどうかこの制度は無くなりませんようにと祈っています。

毎月貯金額を上乗せしたいのですが中々家計管理がうまく回せずこの額になっています。

因みに、普通の財形は下の子の学資保険に入っていないので(上は入っています)下の子の学資保険として入っていて毎月1万5千円とボーナス時に4万5千円という感じです。

大学に入るのでしたら物凄くかかるとうわさに聞くので(;’∀’)ドキドキです。

ここ数年少しずつやりくりがうまくなってきたような気がしますが

毎月夫が稼いでくれるお給料をもう少し上手に貯めていきたいものです。

個人向け国債は1年預ければその後解約しても元本割れをしない

個人向け国債のメリットでもあるのですが、一年間預ければ元本割れはしない事なんですね。例えば、私が預けた変動10年というのは正直結構長いですよね(;^ω^)

10年の間に急にお金が必要になることだってあります。

元本割れはしませんが、預けているうちに付いた金利から中途換金調整額というものが差し引かれてしまいます。

直前2回分の税引き前利子金額×0.79685を返金する必要があります!!

??なに??難しい・・・と思ったあなた…私もちんぷんかんぷんでしたよ!!

要するに、直近1年分の利子(利子は半年に一度付くので2回分で一年分ですね)をペナルティとして返してね!!という事なのです。

私の場合で言うと、今解約したとすると・・・

直近一年分の利息 約400円(半年ごとに200円位の利子なので)を払えば、元金と

3年分付いた利子が貰えるという仕組みですね。

私の場合は、始めてから数年の利子は、年間で3000円位だったのでその利子は返金しなくても良いという事ですね♪

最近の個人向け国債の利子が凄く安くなっていますが・・・・今のところ解約は考えていません。まあ、解約が面倒という事もありますが、今のところの金利ならばまあいいかなと考えています。これ以上下がったら少し考え直すかもしれないので金利の動向のチェックは欠かさないようにしますが・・・

私のような性格のものには(お金があると使っちゃう)定期預金や財形貯金そして、個人向け国債などがとても向いていて金利もそうなんですが、絶対に簡単には下せないという風にしておくことも大切なのですね・・・。

少額でも使い続けると(◎_◎;)100万円も意外とあっという間になくなる様な気がして(◎_◎;)

個人向け国債は、中途解約するとしたら・・・金利上昇中は勿体ないので金利が下がっている時が一番得かな??と思います。少しでも・・・参考になれば幸いです。
スポンサーリンク




にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(30代)へ
にほんブログ村