【逆流性食道炎】胃カメラ検査で病名判明から3ヶ月半が過ぎた現在 明るい未来はきっとくる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

逆流性の症状はすっかり調子が良くなった現在

逆流性食道炎になった時には、精神的にも不安定で食事も凄く気を付けて辛かったです。

うどん、バナナ、パンの繰り返しでお菓子をちょっとでも食べる事が出来た時には凄く嬉しかった日々。

今は、漢方薬と食事療法のおかげか(漢方薬が劇的に効果があったと感じています)

ほぼ普通の食事を摂ることが出来ています。ただ、夜のご飯はなるべく早めにしてその後はお腹が空いても夜食などを食べない様には気を付けています。

それ以外は、お菓子も食べますし、ファストフードはあまり行きませんがたまーに子供に付き合ってポテト位は食べます。

あと、カルディのコーヒーの試飲もたまーに頂きます(笑)カフェイン取っていないもんで効き目が凄かったです。


スポンサーリンク



ただ、以前から胃もたれの原因であったカレーライスは絶対に!!避けています。

昨日も家族は、カレーライスの夕飯だったのですが私だけは別メニュー(笑)ちょっとなら行けそうなんですが怖いですね。

市販のルーがダメでインドカレーは大丈夫!!でも、自宅でインドカレーもどき作ったら家族から評判が悪く。某カレールー(甘口)ばかりの我が家です。

元々、妊娠してから大好きだったカレーがそんなに好きじゃなくなったので(;´∀`)あとは、焼き肉はお店に言って食べたいです。以前からモタレナイ食べ物だったので平気だと思うのですが、中々行く機会もなく・・・(お金も(笑))

六君子湯が自律神経を落ち着かせてくれた?

タケキャブ20を出されて、かなり効果を感じたのですが、ネットで見るとずっと逆流性食道炎と付き合って・・・タケキャブなどを飲み続けている人たちの口コミ・・

沈みました。今後食べたいものが食べられない人生が来るという事あといつも圧迫感がある事・・・そちらに絶望していました。

そんな時、藁にも縋る気持ちで探した漢方内科・・・

悩んだ私が、、初めて漢方内科へ行くまでのお話はコチラ

遠いし、混んでるし色々大変ですが!!先生の見立ては確かです♪

今、私と子供達も通っていますが全員六君子湯は出されています☆それ以外に数種類出されています。

今は、私は蓄膿症にもなってしまったので(耳鼻科にも通っています)

そちらに効く辛夷清肺湯も出されています。その前は、小柴胡湯が出て、さらにその前には平胃散が出されていました、

当初から

六君子湯と抑肝散はずっと出されています。(気分を抑えてよく眠れるように・・)

通い始めた頃は、ストレスが凄くて毎日憂鬱だったのですが最近は気分が持ち直してきて明るく過ごせています。(勿論小さな悩みとかイライラは毎日ありますが)

漢方薬と併用してマリエン薬局のハーブティーもたまに飲んでいるのも効き目があります。

(ライフサポート、ウーマンブレンドなど)

マリエン薬局についての記事はコチラです。

家計管理や家族の健康の事も考える事が出来るように心も回復してきた

自分が追い込まれていると、お金の事、将来の事あまり考えられていなかった気がします。目の前の事が辛い今が辛いと感じてしまって…気持ちに余裕が持てなかったんです。

そんな時にも笑顔で頑張っている人が世の中には沢山いると思います。本当に、そういう人って尊敬すべき方ですよね!!私は、ヘタレ何ですぐに落ち込みますし、気持ちがコントロールできなくて子供の前で大泣きした事もあります。

あれは、親として一番ダメだったな…と思います。

自分だって親が泣いている所見たらかなり動揺するので・・・

でもですね、実はその時凄くスッキリしたのを覚えています。

涙には、ストレスを排出する効果があると聞いた事があります。それが本当ならば…人間の身体ってうまく出来ていますよね。

皆がストレスなく健康に笑って生きていけるのが一番ですが、長い人生ですから色々ありますよね、元気な時からどうにかなった時の対処法、掛かりつけの信用できるお医者さんを見つけておくことも事前準備として大切だなと感じています。今は、漢方薬のお陰がかなり大きいと思いますが、普通の生活を送れるようになったので・・・

逆流性食道炎になって絶望している人に(症状は人それぞれ違うので安易な事は言えませんが)もし漢方を試していなかったら是非試して欲しいです。

自分の身体によってあうあわない食べ物を研究する事で大分楽になる事もあります。

辛い最中は本当に何も考えられないと思いますが、苦しい思いをしているかたが少しでもよくなりますように・・・。


スポンサーリンク




にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(30代)へ
にほんブログ村