【逆流性食道炎】胃カメラで診断されてから約半年が経過した現在

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

逆流性食道炎になってからタケキャブと漢方薬を服用した現在の体調について

咳と痰がらみ、息苦しさに見舞われて1ヶ月位原因不明で医者に行っても、マイコプラズマ肺炎の疑いや、ここでは責任持てないなどと言われて、絶望したりしながら・・

・【胃カメラ】原因不明の症状で不安はピーク!こんな時どうしたらいいの? 

ネットで、見つけた自分の症状と似ている病名・・・逆流性食道炎・・

により、近隣で胃カメラを撮ってくれる場所を教えてもらいそちらで診断されました。

ネットで、症状を見つけた時には、すごーくほっとしました。

けれど、さらにネットで検索すると薬をずっと飲み続けないといけない・・・みたいな

書き込みも多くて・・好きなものも食べられない生活が続くみたいな文章などで色々と

また精神的にも落ち込んだりしていました。

・【漢方内科】不快症状がしっかりと治らない逆流性食道炎を診てもらう 

色々あって、タケキャブと言う薬を飲むことになりましたが、とても良く効きました。だけど、私の中での一番の不快な症状が取れないので不安感もぬぐえません。

漢方薬は、こういった症状にとても強くて、この漢方内科の医師はとても博学でこちらへ

お世話になって本当に良かったと思うくらい色々回復しました。

お陰さまで、現在の体調は、逆流性食道炎の症状に関しては、もうほぼ感じない位回復しています。

もちろん、初期の頃は、ほとんど、好きなものを止めたのではないかという位の食生活で

辛く苦しい日々でした。

寝る前には、数時間前に食事を終わらせておく…間食はしない。など、私の性格的に考えても

かなりのストイックな生活を送っていました。そのせいか、体重もかなり減りました。

その食生活も、

現在は、ほぼ元通り・・

甘いものも食べますし、脂っこいものもたまには食べます。

コーヒーも飲みますし、しかしアルコールは、ほぼ取らない様になりました。(元々、あまり飲まないのですが)

ただ、身体の為に気を付けているのは、野菜を沢山摂ることと、夕飯は特に少なめにするという事です。

勿論、夕飯を多く食べてしまう時がありますが、そんな時には、その後数日で調整をしています。

何だか、ダイエッターがやる方法に似ているのかなと思ったり・・


スポンサーリンク




逆流性食道炎の症状が治まっても漢方内科へ通う理由

現在、私と子供たちが定期的に通っていますが、

医師曰く、免疫力を上げる事で身体が強くなっていき

様々な、不快な症状が治まっていくという話でした。

もちろん、商売ですから・・・なかなか、通わなくていいよ。とは言わないのかもしれませんが、

こちらも、逆流性食道炎の症状が治まってからも、度々色々な別の症状が出るので

その都度、医師に相談して対処してもらっています。

例えば、

蓄膿症について

特に、酷い風邪をひくと、治りかけの時期に鼻の奥からくさーい臭いがしてきます。

何度も、なっているので、感覚でまただ!!と思います。

自宅でも、ホットシャワーをしたり色々対処もしますが

・【蓄膿症】喉の奥から異臭が!!ホットシャワーで洗い流す 

漢方薬も出してもらっています。

実は、今現在もちょっと前にひいた結構酷い風邪のせいか

鼻の奥から異臭がしています。朝晩、ホットシャワーで洗い流していますが

まだ若干調子が戻りません。

他にも、胃腸の調子が悪くなった時にも処方薬が良く効きました。

常になっている感じの、後鼻漏に関しては、胃腸との因果関係があるとされている

ので、そういった症状への改善にも効果を感じました。

子供達も、私に似てしまい、耳や鼻が弱いので良く風邪をひいたり

耳が中耳炎になったり、鼻炎とかもあるのですが

処方してもらった漢方薬でかなり元気になってきています。

小さい頃から、2人とも眠らない赤ちゃんで

寝つきも悪かったのですが、医師曰く、そういうのも、体質に関係している

場合があるらしいのです。

疲れすぎて(虚弱体質)眠れない子もいるそうで、もっと早く知っていれば

と思いますが、今気が付けて良かったのかなとも思います。

逆流性食道炎になって辛かったけど生活改善のきっかけになった

それまでの私は、ダイエットしなきゃなと思ったりしても続かない・・・

別に今更痩せてもな~とか、美味しいもの食べられない生活なんてつまらない・・・

なんて考えて生活していました。

だけど、家族に作る食事は、一応野菜などを入れていたけれど、自分の食事は

かなりおろそかになっていて・・・逆流性食道炎になって、いろいろ辛かったけど

食生活はかなり見直しを出来ましたし、少し体重も減り身体にとっては今までの

生活を続けて行くよりは勿論良かったのだと思います。

逆流性食道炎って、東洋医学的には、自律神経の乱れが関わっているらしくて

それも、納得だなと感じています。

自律神経は、乱れると色々な不調を体に起こします。肉体的な不調だけでなくて

精神的な不調も起こります。

自分でも、どうしてこんな不安定な気持ちになるんだろう??と感じたことある方多いと思います。

私も良くなります。特に、夜とか、考えてしまったり・・

そういった、自律神経の乱れを治すために

六君子湯が出ていて、後は、よく眠ることが先決だという事で

場合によっては、眠剤が出されたりすることもあります。

私は、結局眠剤は、使わなかったのですが(夜中に子供に何かあった時に起きれるか不安だった)、出されました。

とにかく、考えすぎる傾向があるので、そういう自分の性格も徐々にほぐしていけたらいいなと思っています。

ゆるーく、考えられるように・・・

まとめ

現在、逆流性食道炎で辛い思いをしている方がたくさんいると思います。

症状も、その重さも人それぞれで、同じ逆流性食道炎でも全く違う病気かのような

本当に差がある病気です。

だから、絶対に治る!なんて言えませんが、

私は、当時の苦しい時がずっと続くと思った時に、少しでも症状が改善した人の

口コミをネットで見て救われたんです。

だから、この記事を見て下さっている誰かが、少しでも何かの参考になれば、、と思って

かきました。

夜も眠れなかったりして、どんどん精神的に追い詰められていく気がすることもあると思います。

どうか、深呼吸して、少しの間でも何も考えないような時間を作ってほしいです。

頼れるものは、頼って無理せずに症状が改善していくことを願います。

私も、再発しないように、食生活の大切さを忘れない様に毎日大切に生きていきたいと思っています。


スポンサーリンク






にほんブログ村


にほんブログ村