【住宅ローン】金利交渉!成功して総返済額が激減した!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

住宅ローンを組んでいる方にとって金利とはとても重要なものです。

最近超低金利で0.5%を切っている銀行も多々ありますよね。

しかし10年前は変動金利は、1%前後が多く我が家も0.975%でも安い方だと言われていました。

【金利は、上がることがあっても下がることはあまりない】

と思っていた我が家ですが銀行との交渉により

総返済額が755,000円も減りました!

たった0.2%下がるだけでこんなにも総返済額と(月の返済額)が減りました。

固定費を下げる事は家計管理に1番影響があることなので是非変動金利が1%台の方は銀行との交渉でかなり下げてもらえる可能性があるのでお試しいただきたいです。

我が家は、間をあけて2回程交渉してどちらも金利を下げてもらう事に成功しました。

具体的な方法をご紹介します。


スポンサーリンク



住宅ローン変動金利を銀行との交渉で下げてもらう

住宅ローンを組んだのが10年ほど前でその頃は、これから金利が上昇するかもしれないという意見が世間の評論家たちが今よりも言っていたのでびくびくしながらも変動金利にした我が家です。

ある時ネットを調べていたら

【銀行に交渉したら金利を下げてもらえた】

というコメントを目にしました。

早速、夫に相談しました。

いつもは、そういう相談をしても動かない夫が急に動き出してくれて結果的に銀行との交渉が成立しました。

住宅ローンの変動金利の交渉にはまず試算表を作った

私だったらすぐに銀行に電話して交渉しますが

夫は、慎重派なのでまずは資料を作成していました。

※固定金利に組み替えるか他行の金利が安いので他の銀行に移ろうかと思っているという相談をする感じで交渉することになりました。

銀行の住宅ローンシミュレーションというのがあるのでそれに

・固定金利になった場合(固定にしたら何%にしてもらえるのか?)

・他行の金利を提示

上記の感じで交渉用の資料を作っていました。

楽天銀行様 サイト引用

住宅ローンシミュレーションサイト はこちら

⇒老後まで続くかも?住宅ローンの重圧 

夫が銀行へ連絡してその資料も提出して

しばらく検討しますという回答をいただきました。

その後しばらくして銀行から0.1%変動金利を下げられます。

と回答をいただきすごく喜びました!

銀行側としても他行に動かれるよりはいいと思ったのかもしれません。


スポンサーリンク



住宅ローンの変動金利変更で総返済額が大きく減る

この0.1%が住宅ローンの大きな金額になるとかなり差が出てきます。

その後数年経ってまた銀行の金利が下がり続けていたのでダメもとで銀行に同様に打診してもらった結果

また0.1%下げてもらい

合計で0.2%も金利を下げる事に成功しました。

こちらからアクションしなければ従来通り0.975%のままだったので本当に夫の行動力には感謝です。

会社で忙しい合間をぬって連絡や資料を作成してくれて有り難い限りです。

住宅ローンの変動金利を下げてもらった知人が続出

その後、住宅ローンの変動金利を下げてもらったという話を友人などにしたところ

何人かが同様に変動金利を下げてもらったという事で大変感謝されました。

私もネットでその事をしり金利を下げる事で結果的に総返済額を減らすことが出来たのでこちらの記事を書きました。

少々面倒ですが一度やってしまえば毎月支払い額が減ります。

今は、我が家が交渉した時よりもさらに金利が全体的に下がっているので大幅な下げも期待できますね。

我が家も再度挑戦してみようかなと考えています。

税金もそうですが銀行もこちらから働きかけないとお得はやってきません。

図々しいかもなどという気持ちは捨てて是非挑戦してみて欲しいです。


スポンサーリンク



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(30代)へ
にほんブログ村