【日雇い派遣】コンビニのおにぎり作りがハード過ぎる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コンビニおにぎりの作り方にビックリ体力仕事

日雇い派遣にお世話になると、色々な工場や倉庫で働くことが出来ます。

一度も潜入したことの無かった場所での仕事は、初めは緊張もしますが、

いつも自分が食べている商品がこの様に作られているというのを知れて勉強にも

なります。

コンビニのおにぎり、たまに子供たちが早帰りの日などに、ご飯作りが面倒な時に

お昼に買ったりしますが、製造に関しては、かなり大変な事が分かりました。

⇒【日雇い派遣】3秒以内に次の商品へ!!オムライス用の卵に振り回される!!          

この時は、某コンビニへ出荷している工場で働かせてもらった時の経験ですが、

物凄く、大変な思いをして作っていたのでこの後しばらくは、コンビニに行っても

商品を気軽に買う事が出来なくなりましたね。

何というか、このオムライス一つには、どれだけの人が必死になって作ったのか・・という思

いになってしまい、更には、これ一つ作って、時給幾らでとか自分で稼いだ金額を考えると高

級食品に感じてしまい手が出せずにいた時期もありました。

さて、コンビニ工場に派遣にまわされた時には、その日によって配属される場所は、

違いました。

なんせ、日雇い派遣というのは、人員不足の部分を穴埋めさせるために行われている

という仕事だと思うので、その日にパートさんが少ない場所などにあてがわれる事が多く

毎回違う部署という事もあります。

・おにぎり製造ライン

・サンドイッチ製造ライン

・お弁当製造ライン

・出荷ライン

・惣菜をひたすら切る部門

私が、配属されたのは、以上の場所でした。一番多かったのは、お弁当製造ラインですが

おにぎりラインにも良く行きます。

私は、おにぎりラインは、嫌いでは無かったんですね。なぜなら、お弁当ラインよりは、

ちょっと優しい人が多かったんですね(笑)

それで、おにぎりの作り方なんですが、殆ど、自動の機械で形作られます。

製造ラインという長いベルトコンベヤーで作るのですが、一番先頭の場所で、

おにぎりの元

となる、ご飯(炊いたもの)を大きな入れ物に入れるのですが、それが重い重い!

番重(ばんじゅう?)だったかな?

平たい入れ物にラップみたいなものを敷いた上に、炊いたご飯を入れて運ばれて

くるものを、おにぎりの製造ラインの先頭に入れるんですね。

これが、簡単に見えてめっちゃ力仕事なんですね。

しかも、機械の中のご飯が少なくなって来たら少しずつ追加していくのですが、そのタイミングも難しい(初めは)

しかも、スプレーみたいなものを渡されて、定期的に噴射するように言われます。

中身は、食品用の油の様で、機械にご飯がくっついたり、ご飯同士がくっつくのを防ぐみたいです。


スポンサーリンク



食品工場は衛生面が厳重!でもすぐにゴム手袋が破れる

とにかく、ご飯を手でつかんでどんどん入れていくので、厳重に衛生管理している

装備も崩れます。ゴム手袋をして行うのですが、摩擦というか、ご飯の重みというか

人差し指や中指のあたりが、すぐに破れてしまいます。

それで、ゴム手袋が破れたらもう、ご飯を触ることは出来ませんが、

ゴム手袋を替える場所が、ちょうどその機会の裏側なんです。

走って、ゴム手袋を替えにいくのですが、まず古いゴム手袋を捨てて、アルコールスプレー除菌をして、それで、新しいゴム手袋をつける!というのですが、

その間に、ご飯が無くなっていって追加入れてー!とか言われたりして(製造ラインの先頭の人がタイミングを教えてくれたりします)

凄い、焦ってやっていましたし、とにかく重い重い、

番重の中に入っているご飯は、全体でみるとずっしり思い、地味に腰に来ます。

でも、おにぎり製造ラインで一番簡単な作業がご飯投入係なんです。

だから、新人は、(日雇い派遣は)大体そこにまわされる感じですね。

でも、油のスプレーには、ちょっと驚きました!

この作業、慣れるとちょっと好きになりました。本当に単純作業なので、慣れてくると

ぼーっと周りを見渡すことも出来るからです。

丁度、隣のお弁当ラインが見える位置にあるし、おにぎりの作りも全貌が見えるので

結構楽しかったです。

おにぎりの具を詰める人たちのスピードが凄い

おにぎり製造ラインは、慣れてくるとお弁当などより単純作業であるためか、それとも

仲間が多い方が良いからか、外国人の割合が、8割?位の日本語があまり通じないゾーンでした。

⇒【日雇い派遣】外国人だらけの職場環境にカルチャーショック

それで、製造ラインから三角に、形作られたおにぎりが流れてくるとそれに

たらこ、鮭、などの色々な具を凄い速さで詰めていくのですが、これが慣れないと絶対に

出来ないと思うスピードでした。

なので、たまにご飯入れ以外の係になる時には、最後尾の方のおにぎりの横に入れる

沢庵などを入れる係になることが多かったです。

(おにぎり製造ラインは、お弁当に比べて無茶な仕事は、派遣にさせないのでありがたかったです)

たくあんですら、ちょっとぼーっとすると、すぐに大変な事になるので、具を詰める人たちは、

おにぎり製造ラインの中でも精鋭部隊といった人たちがやっていましたね。

凄い早かったです!

もうこんな風に作って凄い数のおにぎりが出来上がるのですが、一つの工場でこれだけ

作って一日でこれだけ売れるなんて!凄いなと思いました。

年末年始も稼働しているので、意外に長いお正月休み、我が家は正月は長期の帰省など

しないので、年末派遣に出て美味しいものを買うのも良いんですよね♪

同じ派遣仲間の人が沢山出来ましたが、若い独身の女の事かは、むしろ年末年始で沢山出て稼ぐって言ってました。

年末年始に一人暮らしで、やることもないから~って笑っていて確かにそうだよな!と思ったりしました。


スポンサーリンク





にほんブログ村


にほんブログ村

関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする