逆流性食道炎がなんかしっかり治らない漢方内科へ行ってみた

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

凄い混みかたでした

漢方内科へ行ってきたのですが、結果から言うととても良かったです☆自分の直感を信じて良かったです。

春休み前で早帰りの子供が帰ってくる時間を計算して予約は、15時半に入れました。初心なのにネット予約が出来るのが凄いと思いました。土曜日などは午前中のみの診療なので、何週間か先まで一杯の時期もあるそうですが、(予約なしでも診てもらえるみたいですが)平日なのでその日の午前中にネットから午後の予約が取れました。

体調的には、食後の痰が絡み胸や肩のあたりの圧迫感も酷く精神的にも

気持ちが落ちているのが自分でも分かりました。子供と外出しても心のどこかで症状の事が気になっています。

いざ漢方内科へ

自宅から乗り換えを4回位する場所にあるのですが、子供達にはお昼ご飯を食べさせてから早めに出発しました。口コミによるとネット予約をしていても待たされたと書いてあったので、携帯のゲーム機を持っていきました。あとは、15時のおやつも笑


スポンサーリンク






どこいくの??と聞かれたので病院だよ!と言ったら明らかにテンションダダ下がりの子供達(;’∀’)疲れている所ごめんね(-_-;)どうも具合が本調子にならないから漢方の先生にお願いしてみるんだよ。と説明しましたが、その頃にはもう私の話を聞いていない子供達(;’∀’)じゃんけんして盛り上がっていました・・

何度か乗り換えてやっと最寄りの駅まで付きました。駅から病院が見えました。その時点で早く着き過ぎて14時16分でした。病院に言えば、空いていれば早めに入れてもらえるかな??なんて考えていましたが、いざ病院へ行ってみると休診と札が(;’∀’)まさかの!!?焦ってよく見ると午後の診療は15時からでした。

後ほど後悔したのが、15時半じゃなくて15時に予約すれば良かった・・という事でした。診療が終わったのは結局16時40分くらいだったような??

私だけなら待つのはいくらでも構いません。だって、具合悪くて先生に話を聞いてもらいたい人もいるでしょうし、急患さんもいるでしょう。特に整形外科も入っていて鍼治療も行っているらしいのでそういう方にはゆっくり診る時間も必要です。

ただ、子供たちが飽きてしまい私が早く着き過ぎたので2時間半は待たせてしまいました。ゲーム機をやらせていましたがさすがに途中ゲームずっとはまずいと思い一旦絵本を読ませて(病院にある)いたのですが上の子供には、あまり響かない様で(;’∀’)上の子の本を持って来れば良かったと後悔しました。

でも、家では毎日ゲームの時間を決めて20分とかなので病院の時だけは結構できるので喜んでいました。

先生は物凄く早口

やっとこさっとこ、呼ばれました。長かった・・家でまとめておいたここ数か月の自分の体調などを先生に言おうと思いました、しかし、先生は問診票をパソコンに入力していてしばし待ちの状態・・

口コミでも物凄く早口と聴いていたのですが、腕は確かなようでお任せしようと決めていましたが、脈をはかり、あー気力が落ちているとか自律神経がとか舌を診せてと言われて、口の中が渇いているなど言われて採血をして全てが早くなりました。

とにかく、食後の痰と咳の事を解消したかったので必死でくらいついて質問しました。それも、自律神経が関係しているのとタケキャブ10も家で出してあげるから2週間後にまた来てと言われました。辛かったら、タケキャブ10を朝と晩に飲んでもいいとも言われました。

結局、漢方薬3種類と安眠剤と便秘薬(安眠剤と便秘薬は必要な時に飲む)と追加でアレルギー薬が出されました。(花粉症かわからないので)多分血液検査で発覚します。

脈や顔色などをよく診て下さり、とにかく今まで聞いた事のない処方でしたがネットの口コミでは(笑)その後薬剤師さんが丁寧に教えてくれると書いてあったのでそれに期待する事に(;^ω^)

薬剤師さんに感動

お会計を済ませて、初診料も含めて3割負担で3820円でした。

薬の方は、2320円でした。2週間分の漢方薬3種類と西洋薬3種類が出てこのお値段はやはり漢方薬局で貰った時より安いです。保険料のお陰です。

出たお薬は、

・六君子湯エキス

・六味地黄丸料エキス細粒医療用

・抑肝散料エキス

・ルネスタ錠2MG

・アローゼン顆粒

・エバスチン錠 10MG

でした。

薬剤師の女性の方が本当に何というか親身な方で、逆流性食道炎を患ったことがあるのか??

六君子湯エキス本当にいい薬ですよ!!と言ってくれて、思わず今の症状で辛い痰と咳(食後)の事を言うと凄く良く分かります!!と言ってくださいました(´;ω;`)今までこの病気になってここまで親身に話を聞いてくださったのは初めてで遠くまで来たかいがあったと思いました。

それぞれの薬の事を丁寧に説明してくださって、六君子湯エキスは、効能として胃腸の消化機能の低下の時に使うという事ですが、先生は東洋医学に精通していて(中国の方なんです)この漢方薬の東洋医学的な考えは、補気(健脾)という事で、元気をつけて疲労を取るということらしいです。

他の薬も、詳しく教えて下さり効能に書いてあること以外の意味がありそれが自分の自律神経などを改善するのに役立つことが分かりました。

説明もその分長く飽きてきた上の子が(;^ω^)ママーまだ??とか言ってきたので物凄く説明に興味があったのでちょっとあっちいってて!!もう少しだからと追い払ってしまいました。

ホント、上の子(-_-;)こういう所があってちょっとイラッとします。

六味地黄丸料エキス細粒医療用に関しては、腎臓の気を高めるような事を言っていました。私は昔から腎臓が弱めらしい事を言われたことがあるのでおばあちゃんは人工透析をしていて私は子供の頃から尿淡泊が血液検査で良く出るので、最近は+-が多いですが・・

水はけの悪さは感じていて、だからとっても良い処方だと感じました。先生の凄さを感じました。(あの一瞬で処方するなんて)

睡眠剤や便秘薬はお守りという感じで貰ったので飲まないと思いますが持っていると安心ですよね。睡眠剤は、飲んだことがないのですが始めは半分の量でも眠気が効きすぎるかもしれないと言われました。お酒に弱い人は凄く効くそうです。

長くなりましたので飲んだ感想は、また別にまとめます。


スポンサーリンク






にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(30代)へ
にほんブログ村