【ヨガ初心者】呼吸が重要!代謝があがって汗が出るようになった

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヨガをはじめて数年経つのですが、2週間に一度位のペースだったり、子供の夏休み、冬休みなどは、1ヶ月位間が空くのでまだまだ初心者の私ですが、最近ある変化がありました。

呼吸に意識を向けるようにしたら同じポーズなのに全然結果が変わりました。

今までヨガをやっているつもりだっけど、意識を変えるだけでこんなに結果が違うのか!と驚きました。

確かに、リラックスしている時と、例えば怒っている時呼吸が全然違いますよね。

呼吸と感情はつながっているかのように・・・

という事は、例え気分が悪い時でも、深くリラックスした呼吸を意識すると心も整ってくるという事ですよね。

講師からは、ずっと、ポーズを綺麗にやろうと思うよりも、呼吸を大切にして!!と言われていましたが、呼吸出来ているようで出来ていなかったようです。

どうしても、ヨガをやっている素人の1人として、もし知らない人が居たらこんなに効果が違うよ!!とお伝えしたいだけでこの記事を書きました(笑)

どんな変化があったのかや呼吸をすることで起きる身体の変化についてまとめました。


スポンサーリンク




ヨガは鼻呼吸!ポーズをしている間も息を止めない事が重要

ヨガをしていると結構難易度の高いポーズがあったりするので、ついついそちらに意識を集中してしまい、息が止まっている事があるのですが、

ヨガでは、基本的に息を止めないでポーズを取るように言われます。

やり方によっては、一旦息を深く吸ってわざと止めるものもあります

私の様な身体の硬い初心者にとって、ヨガのポーズは、難易度が高いものもあって

ちょっと難しいポーズを取ると、ウーーと息が止まってしまう事があるのですが、

そんな時も、出来るだけ息を止めないようにすることで

何故だか、じわじわじわーーと身体の芯から温まってくるのが分かるんですね。

この感覚が凄く気持ちが良くてヨガにはまってしまいました。ヨガの講師が言うには、深い呼吸をすることで内臓のマッサージ効果もあるとか・・・


スポンサーリンク




ヨガの呼吸を意識しただけで汗がどんどん出てくる様になった

驚いたのが、ヨガの呼吸を意識したとたん、今までと同じポーズをやって一瞬のうちに汗がバーッと出てきて、暑くなってきたのです。

一年中ヨガをしていて、夏の方が汗をかいてもおかしくないのに、私が呼吸を意識し出したのは、寒くなってからです。

周りに聞こえるほどの鼻呼吸をしながらヨガのポーズを取って居たら急に体の中からかーっと熱くなってきて、額からうっすらと汗をかいてきました。

今まで、何度も同じポーズをしたことがあるのに、一度も額に汗をかいた事が無かったのです。そういえば、周りの方は、良くタオルで汗を拭きながらやっているかたもいました。

そういう方は、しっかりと呼吸が出来ているという事ですね。

自律神経は、基本的に自分では操れないものですが、呼吸だけは、自分で意識的にすることが出来ます。そこを利用して、深い呼吸をして、自律神経の乱れを整えていく事がとても良い効果をもたらします。

私が、呼吸を心がけるようになってから、ヨガの効果が倍増したのか!!本当に、日増しに身体が元気に調子を崩しにくくなってきましたよ。

ヨガをしている間だけは深い呼吸でリラックス

日常生活を送っていると、リラックスしてばかりはいられませんよね。

仕事などで常に緊張状態に居る!という方も多いのではないでしょうか。

私は、主婦なので緊張状態ってないよね、って思いがちなのですが、実は、性格的に緊張しいなので、結構子供の行事や色々で緊張状態になるんです。

そんな時、決まって呼吸が止まっている事が多いのです。何か、緊迫した状態の時って

息が止まっていませんか?

そんな日常の中、一日10分でもヨガの呼吸法を取り入れてみると、リラックス状態の時に活発になる副交感神経も活性化されて、自律神経の整える効果があります。

自律神経がくるってしまうと色々と不定愁訴が起きてきて、何だか身体の調子が悪い状態が続いて気分も滅入ってしまいます。

そうなる前に、ヨガの深い呼吸を意識してポーズを取ってみてくださいね。

もし、ヨガのポーズを取る時間が無い場合も、鼻呼吸で深く呼吸をするだけでも、効果が絶大なので、トイレの中、電車の中、バスの中などで是非継続してみてくださいね。


スポンサーリンク





にほんブログ村


にほんブログ村

関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする