【専業主婦のお小遣い】家計赤字の原因になっている?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

専業主婦の皆さん、お小遣いは、貰っていますか?気になるその金額は?

それとも、生活費のの中から何となく遣っていますか?

家計管理の仕方によるのですが、専業主婦がお小遣いを貰わずに(お小遣いとして認識せず)

生活費の中から何となく遣っている場合、もしかしたらそれが

家計を赤字にしている可能性があります!!!

今回は、専業主婦の小遣いの相場と、お小遣いを設定すると家計がうまく行く理由などを

解説していきたいと思います。


スポンサーリンク



専業主婦のお小遣い相場はどれくらい?何につかってる?

専業主婦の皆さん、生活費など家族全員の為に使用するお金以外で自分に遣えるお金って月に幾らぐらいですか?

そして、何に遣っていますか?これって、中々ママ友にも聞けない話題です。(私は)

因みに、我が家は、私にお小遣いを設定していません。

夫は、月45000円がお小遣いです。

夫は、ボーナス時にも、30000円~60000円位のお小遣いがあります。

内訳は、お昼代、趣味、飲み会、1000円カット代になります。

世間では、お小遣いの相場は、どれくらいなのでしょうか?

主婦200人にアンケート調査をした結果によると、(兼業主婦も含む調査)

・20%が月0円

・45%が月15000円以下

・20%が月30000円以下

・10%が月100000円以上

・5%が決まっていない

という事でした。

このアンケートを読み解くと、大体月に15000円以下が多いという事ですね。

次に、その内訳ですが、

・美容費

・被服費

・ランチ代

・習い事、趣味

が多いです。

因みに、自分自身

・ランチ費

月に、1.2回のママ友とランチをしていてそれが1回1000円位です。

・美容費

美容院へは、頻繁に行けてなくて、大体3,4か月に1回、1回の金額が、5000円位です。

私は、化粧品は、実家から貰ったサンプルとか母や姉妹が使わなくなったものを貰えるので、買うものは、数百円位の物が多いので、毎月の化粧品日は、ほぼ0円です。

洋服や靴も本当に買わないので、殆ど0円です。何年も着続けています。

たまに、中古の服店で買ったり、姉妹からお古が送られてきます。(とてもありがたい)

しかし、ここからが問題なのです!!!

上記の項目の中に当てはまる、自分だけのランチ代がヤバいんです(◎_◎;)

現在は、自粛していて殆ど、自分だけのランチをしていませんが、ランチが私の癒しでして・・・自炊だけだと、本当に自分の味に飽きるんですーーーー( ;∀;)

買い物に行くショッピングモールで、週に3回位1人でランチしてしまっていた時期がありました。

1回の額は、500円~800円位ですが、週に3回で、1500円~2400円

月に換算すると、6000円~9600円になってしまいます。

これに、上記のママ友ランチを足すと、1万円を超えてしまい、結局主婦の平均的なお小遣い

相場の、15000円に達してしまいます。

(現在は、自粛しているので、ランチは、ママ友だけで、後は、月に1,2回1人ランチ)

一応、夫は、好きにしなーと言ってくれています。ちなみに、我が家の家計状況をあまり知ろうとしません。

お腹空いた~誘惑に負ける自分・・

専業主婦の何気なく使う自分費が家計を赤字にしている?

家計管理が凄く苦手のですが、結婚して家計を任されることになりました。

(当初は、共働きだったので、別財布でしたが、退職してから私が家計管理をするようになりました)

そして、自分の欲しい物、ランチ代などは、生活費の中から出すことが多いです。

つまり、私の様に、お小遣いという名目で貰っていなくても、

生活費の中からお金を遣っているという人も多いという事です

実は、この何気なく

生活費の中からのお金が家計を赤字にしていることが多いです

私には、思い当たる節がありあぎて、心が痛いです。。

もちろん、家計管理がうまく行っている管理上手の方は、問題ありません。

何となく、原因が分からないけど、いつも家計が赤字になるという人には、妻の

生活費からの出費が原因の事が多いのです。

特に、女性の場合は、おしゃれな人は、毎月洋服やお化粧品を買う人も居ますよね。

ネイルサロンに通ったりも頻繁に行く必要があります。

洋服が1万円、お化粧が5000円、ネイルが6000円とするとかなりの出費になりますが

これ位の出費はしている人も多いのではないでしょうか。

公園で立ち話をしている時に、ママ友達が結構おしゃれで、お洋服の話をしていますが

聞いていると毎月購入している人が多いです。

家計管理がうまく行かない場合妻にお小遣いを設定する

妻のお小遣いを設定せずに家計管理がうまく行っていない場合一旦、妻のお小遣いを設定してみると良いかもしれません。

お小遣いを設定していると、案外、この中でやり繰りしよう!と思えるからです。

今まで、食費、日用品費、被服費の中に含まれていた妻の出費が、全て

妻お小遣いにまとめる事で、今までは、自分のお小遣いもないのかと心のどこかで思っていた

のに、自分で自由に遣えるお金があるというだけで、心に余裕が出来るかもしれません。

私も来月給料が出たら、試しに自分のお小遣いを設定して自分用事で使うものは、

そこから出すことにチャレンジしてみようと思います。

設定金額ですが、10000円~15000円を考えています。


スポンサーリンク



専業主婦のお小遣い毎月からが難しい場合はボーナスから

とはいえ、既に家計がカツカツ赤字という場合もあると思います。

というか、我が家がそうです。

特に今は、お給料が減少しているので余裕がありません。

そういう家計の場合は、妻のお小遣いが家計を圧迫する可能性があります。

もしも、ボーナスがある家計の場合は、ボーナス時にお小遣い分をよけておくのもいいかと思います。

例えば、年に2回ボーナスがあるなら、半年ごとに、お小遣いをボーナスから貰います。

浪費家の私には、難しそうですが、おすすめなのが、、、

お小遣いを少し多めに設定して、余ったお小遣いを貯めて大きなものを買う自分へのご褒美にするというのもおすすめです。

こういうの出来る女性たまに居ますが、ホントに尊敬します。意志が強くてホントカッコいい♥

私は、専業主婦ですがお小遣いを少しでも稼ぎたくて、色々日雇い派遣とかやりましたが

結局今は、在宅ワークに落ち着いています。

ランサーズは、どんな時も私を助けてくれます。

特別な、資格も無い普通の主婦の私でも出来るので覗いてみてくださいね。

こんな記事を書いている私が一番実行できなさそうですが、ちょっと来月からお小遣いを実験的に導入して成功しても、失敗しても体験談を書きたいと思うのでまた読みに来てくださいね(^▽^)/


スポンサーリンク




にほんブログ村


にほんブログ村