【年金財形奨励金】老後のたしに天引き貯金の奨励金が出た!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

年金財形で天引き!いつの間にか貯まっている

我が家は、私は30代の専業主婦ですが、夫は40代でちょっと年の差夫婦なんです。

なので、周りの30代の人よりも貯金は、多めにしておかないといけない自覚があります。

⇒【30代の家族】貯金額はどの位?月にいくら貯めてるの?

老後資金と、教育資金と、住宅ローンの返済すべて同時にしないといけないので

早く私も収入を得る必要があるのですが、、

⇒【教育費の目安】子供が18歳になるまでにいくら貯めれば安心なのか?? 

取りあえず、貯金は、微々たる額ですが出来ていて

そのうちの一つが、年金財形です。

会社のお給料から、天引きで出来る財形預金がいくつかあり

・一般財形

・年金財形

・住宅財形

3種類があるらしく、住宅財形以外の財形貯金に入っています。

⇒【財形年金】老後資金の手助けになってくれるのか?

とはいえ、一般財形の方は、下の子の学資保険代わりに入っているので

貯金としては、考えておらず実際の貯金は、年金財形の金額になります。

年金財形は、老後にならないと下せなくて、実際の受け取り方法は、

月に何万ずつといった分配方法になるらしいです。

だけど、老後に無収入になった時に、数万円でも収入があると心強いですよね。

金額は・・・

家で、何とか出せる金額である

月10000円 ボーナス時 20000円(夏、冬)

という事で

年間で、160000円になります。

普段は、給与天引きなので心から忘れ去られているので、いつの間にか貯まっています。

最近、送られてきたお知らせは、

平成29年9月までの残高なのですが、

70万円を超えていました。

ただ、天引き貯金だけだったら、銀行でも行われています。しかも、解約もしやすい。

それでも、年金財形を選んだメリットは・・

奨励金がつくからです


スポンサーリンク



奨励金がつくので励みになる!月の積立額を増やしたい

貯めている金額に対して、数パーセントの奨励金が付くので励みになるのです。

銀行に預けるよりは、利率として考えると全然いいからです。

※ただ、株式とかでうまく回せる人にとっては、、もっと利率の高いやり方があると思うのですが、私は、株には怖くて手を出せないのと、そんな資金も無いので今はこの方法を取っています。

今回、奨励金のお知らせがきました。

今回のお知らせでは、

6000円超えの奨励金が貰えて、奨励金の残高が、15000円を超えていました。

奨励金は、年金財形の残高が、増えれば増えるほど

貰える額が増えるので、

例えば、1年目に10万円貯まるとして、1%の奨励金だと 1000円の奨励金がついて

10年目になると、100万円貯まり、1%で、       10000円の奨励金が付くことになります。

毎年、1万円以上の奨励金が付くのは嬉しいですよね。

我が家も、早くそうなると良いなと思います。

本当は、もう少し金額を増やしたいのですが、月の生活費を圧迫しそうなので覚悟が出来ません。

もし、私に副収入で毎月収入が出来たら

その分をこの年金財形にまわすのもいいかもです。

そういえば、先日個人向け国債を解約したので、もしできるならこの解約した分をこちらに

つぎ込みたいのですが、そううまくは行かない様で、

月の金額を、増額するしかないらしいです、(考えてみれば当たり前ですね)

なので、個人向け国債の方の預け先を早急に考えないといけないですね。


スポンサーリンク




にほんブログ村


にほんブログ村