老後まで続くかも??住宅ローンの重圧

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ボーナス月の返済について

我が家の住宅ローンはあと数十年残っているのですが、その年数と同じだけ半年に一度のボーナス払いが追加されます。ボーナス払いを併用する事で月々の返済が抑えられています。

それは大変ありがたく、良かったなと思うのですがボーナスが出た時に初めからマイナスされる額があると思うとちょっとだけ毎回へこみます。

だから、月々ボーナス払い分せいぜい月に一万数千円を貯めてボーナス払い用にストックして置ければそれが一番なんでしょうが(;^ω^)

我が家は、幼稚園代もボーナス払いからストックしているので難しいのです。


スポンサーリンク





ボーナスは出て当たり前のものではない!!と言われていますが有り難い事に今まで金額に大きく変動はあるものの毎年戴けて居るので感謝です。

固定資産税というものも掛かってくる

家を買うと住宅ローンが終わってしまえば生涯安泰かなという気持ちにもなってくると思うのですが大きな金額が掛かってきます。

地域によって変動があるようですが、大都会だと凄く高いそうですが少し田舎の方に行くとそこまで高くない様です。

我が家は都会でもなく田舎でもなくといった所なのでそこそこの額なのですが(;^ω^)毎年の支払時期は地味にダメージが大きいです。

この固定資産税分の金額は、毎年の年末調整で住宅ローン減税というものが帰ってくるのでそこから固定資産税用に分けておいているのですが、我が家が家を買った時には住宅ローン減税が10年間だったのでもう少しで減税期間が終わろうとしています。

そうなると、自力で貯金しておかないといけないんです(´;ω;`)

皆さんされている事なんでしょうが、本当に生きていくにはお金がかかりますね。

賃貸だとしても更新料や敷金礼金など取られますよね。持ち家と賃貸の生涯に掛かる金額を試算したものもどこかで見ましたが結局あまり変わらないとか。。。

持ち家だと古くなって来たら修繕しなくてはいけなくて、戸建てなら自分のタイミングで出来ますがマンションだと大規模修繕の時期なども決まっていますし、毎月の修繕費、管理費、駐車場代もかかります。

住宅ローンが終わっても年々上がる修繕費と管理費を払い続けていけるのだろうか(;^ω^)

家を買った時には夢をみている!

家を買う時営業の方がおっしゃっていましたが、初めの頃は繰り上げ返済を頑張るぞ!と夢を見ている人が多いのだそうですが、段々と年数が経つと人は忘れる生き物☆

繰り上げ返済をする人も減ってくるそうです。我が家も例にもれず(;^ω^)

退職金が出るのか出ないのかわかりませんが、絶対に充てにはしたくありません。老後資金がなくなってしまう。

細々と毎月貯金や年金財形をしていますがホント細々・・・

もっと私が稼げるようにならないといけません。夫は、充分稼いでくれていて本当に感謝ですし、仕事上のストレスも大変そうで身体も心配です。

今まであまりお金のことをそこまで心配に思わなかったのですがここ最近急激に色々考えます。やはり体調があれだから(;^ω^)

でも、夫には感謝していて(自分の中では)素敵な家に住まわせてもらえて、毎日ご飯が食べられてって寝る場所があるって本当に幸せな事だと思います。

外で暮らしている人を見る度に心が痛みます。家がないって物凄く心細いですよね。

せめて、夫が稼いでくれるお金を無駄にしない様にしなければいけないのですが、この間検査代や病院代で出費があり申し訳ないやら・・・といってまたネガティブになると余計良くないので早く体調を整える事に全力を尽くします!!!

このブログのテーマでもある貯金と健康を目指す!!細々と頑張ります☆


スポンサーリンク






にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(30代)へ
にほんブログ村