【子供の中耳炎】何回も掛かりすぎて耳鼻科の常連に!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

赤ちゃんの頃から中耳炎

我が家の子供は小さい頃から鼻風邪をひくとすぐに中耳炎になる子でした。

特に、上の子は治りが悪く結構大きくなるとなりにくくなると言われているのですが相当大きくなるまで(7歳位)常に悩まされていました。

滲出性中耳炎は急性中耳炎と違い痛みを感じない事が多いようで親は気が付きにくいのです。

赤ちゃんの頃から耳鼻科に週に3回は通って鼻水の吸引に行っていました。そこの耳鼻科は毎日来ても良い位と言っていました。

そこから引っ越しをして上の子が2歳から3歳位の時に丁度妊娠していて当時耳鼻科で大暴れする子供だったので妊婦の身体で診察台に座って押さえつけないといけない事と病院の先生や他の患者さんへの気を遣う事・・色々言われることにいやになり耳鼻科に通わない時期があったのです。

下の子が生まれてからもなかなか一人で赤ん坊と暴れん坊盛りの子を連れて行く気力が無かったのですが、返事をしない事が増えて耳鼻科に行くと案の定滲出性中耳炎になっていました。

様子を見るか切開するか手術するか

もうずっと薬を飲ませていてそれもとても気になりましたし(副作用)いっそのこと切開して水を出してもらえば楽になるのかなと思いましたが判断が付かず保留に・・・

しかしある時どうにも何か月通って鼻が治っても水が抜けない事が起きてその場で切開する事になりました。

先生曰く切開だと穴が数日から数週間でふさがるからまた再発する可能性もあるだから切開してチューブ(細いストローのようなもの)を差し込むことで空気の通り道が出来て水が溜まらなくなる方法もあると言われました。

切開してみてダメならまた手術を考える事になりました。

その手術は局所麻酔で今考えると大変な恐怖を味合わせてしまった気がします。

耳に目薬みたいなものを垂らしてその中に電気の某みたいなものを10分位つけておきます。すると麻酔が効くとのことですが我が子は泣き叫んで痛い痛いと暴れました。

でも、効果はあり耳が凄く聞こえる!!と笑顔で言ってくれました。

下の子が手術をすることに

下の子も一緒に耳鼻科で診てもらっていましたがとにかく耳が良くならず1歳の誕生日を待って全身麻酔でチューブ挿入術をすることになりました。

どうにか誕生日までに耳が回復すれば良いのになと色々やりましたが中々治らず先生にもあまりこの時期に耳が中耳炎で聞こえづらいと言葉も遅れる事があると言われたのもあり決意しました。

とはいえ、全身麻酔というのに物凄く不安がありました。

でも、結果的には早いうちに手術したことで下の子は今は全く中耳炎とは無縁の生活を送っています。

上の子はその一番大切な時期にバタバタしていた申し訳ない事をしたと思っています。中耳炎はほっておくと大変怖い病気(真珠しゅ)とかいうものにもなったりするらしく良かったのかもしれません。

しかし、近所の人は手術と言われたけど嫌で子供に漢方や鍼を打ってもらい何とか治したと言っている人も居ました。

当日は大変でした

古い記憶なのでかなり断片的ですがとにかく大変でした。日帰り手術ですが、夏の時期だったのに手術数時間前から一切水分が禁止になって勿論ご飯は前日から禁止だったような・・

赤ちゃんなので母乳を欲しがりますがダメで泣いて泣いて病院まで行くのも大変でした。そこから病院へついてもベッドへ案内されて始まるまで数時間待たされて(;^ω^)

いよいよ手術という時までずっと立って抱っこする始末・・・

手術が始まる時には親が中まで付いて行き麻酔が効いたら出るのですが、

酸素マスクみたいなものをかぶせられると数秒で意識がなくなるのですが、ベッドに寝かされてママーママーって泣き叫ぶ我が子が段々ともうろうとして来て

マア・・・と呟いて目を閉じた時に普段は、殆ど外では泣かないのですが号泣してしまいました。

医師や看護師さんが物凄く優しくて、お母さん大丈夫だよ^^とか言ってくれたのですが

かなり恥ずかしい思いをして手術後に迎えに行く時ずっと後悔していました(-_-;)

手術の後も地味に大変でした

終わって迎えに行くとまだぼんやりしていたので抱っこしてベッドに連れて行きます。

すぐに起こさないといけない様で起こしてくださいと言われたのですが何度起こしてもまた寝ようとするので大変でしたし、起きてもお腹空いて喉が渇いているのに1時間は様子見で飲ませられずホントまた抱っこして立つという事をやる羽目に(;^ω^)

無事に終わって何よりでした・・・

耳の聞こえは絶好調

その後、一週間くらいして診せに行くのですが、耳の聞こえも充分上がっていて効果は抜群でした。今までは、海の中に居たようなぼんやりした感覚だったらしいです。

手術が終わってからたまたまなのか私たち家族は確実にこの影響だと思うのですがめちゃくちゃしゃべり始めたのです!!やはり聞こえていなかったのですね。

返事もするし、言っちゃダメとか言ってもすぐ止まるようになったし。今まで全然止まらないのでやんちゃなのだと思っていましたが聞き分けが良くなりかなり耳が聞こえていなかったのだなと思いましたし、赤ちゃんはそういう事も言えないから気が付けて良かったと思いました。

それから

チューブを入れてもすぐに取れる場合もあり1年位は言っている場合もあるのですが外れるとまた穴がふさがり再発したらまた手術という風に上の子も下の子も複数回手術をしています。

多少大きくなると全身麻酔ではなく局所麻酔で出来る子が多いらしいのですが上の子はビビりで痛がりなので一度挑戦して途中で片耳だけで終わった事もあります。

やはり耳の中は絶対痛いですよね。

私も小さい頃中耳炎体質で良く通っていましたが、麻酔なしでいきなり切開された(たぶん急性中耳炎)時の思い出は強く心に残っています(;’∀’)