【生理痛とPMS】毎月憂鬱な日々を乗り切る私なりの方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今月もまたあの憂鬱な腹痛がやってくる

毎月毎月やってくる不快な症状、女性の皆さんなら程度の差はあっても経験あると思います。

私は生理が来るのが遅くて中学生の時だったのですが、始まりはそうでもなかったのですがしばらくすると物凄く激痛に襲われる日々に悩まされて学業にも部活動にも支障が出るほどでした。。

その他、腰も悪くヘルニアなどもやっていたのでとにかく若い頃から整体やらに通っていました。結構効いた事もあるんですが大人になるまでずっと通うわけにも行かず薬でやり過ごしていました。

慣れてくると、薬を飲むタイミングなどが分かってくるので多少は薬があれば痛いながらも生活できるようにとはいえ、真夏の冷房がガンガン効いている中スカートでの会社員生活満員電車では暑いから汗をかいてその上段々冷えてくるとお腹も冷えて下痢と生理痛のコラボで物凄く気分が悪くなったことも多々あります。

生理痛のひどい先輩が会社に居て必ず生理休暇を取っていました。先輩ほどでは無かったのですが、体調が悪すぎて吐いてしまう事もありそんな時は早退した事もあります。

同じ女性でも個人差がある、経験した人以外は分かり辛い辛さがある

母は、割と生理痛が軽かったのか痛みに対してあまりわかってもらえませんでした。今でも言われるのですが私は、子供を産んだ後一時的に物凄く生理痛が数年軽くなるタイプですが母も産んだ後はめっきり生理痛が無くなったらしく・・・


スポンサーリンク




それはいいのですが、私がここ最近また生理痛が重くなっていたのですが母からたまたま電話があって何していたの?と言われたのでちょっと生理痛で寝込んでいたと話すと、えっ??まだ痛いの?お母さんは産後生理痛全然なくなったけどなみたいなことを言ってくるのです(;’∀’)悪気はないんでしょうが、いつも思うんですが私と母は親子ですが別の人間です。

体調悪い時にそれを言われるとそれが??お母さんが痛くなくても私は痛いんだって!!一緒にしないで位に思ってしまう事も・・・

母は、昔から一心同体だとでも思っているんでしょうか??お母さんは、あんたのことは何でも知ってるからみたいなことも言われた事も(;^ω^)はっきり言って、若い頃全然母の思っている事は見当違いで今もそういう事があります。

そんな事望んでいない!!!と思う事はしばしばありました。しかし、話を聞いていない母なので・・・しかし生理痛に悩む私に市販の薬を飲ませたくない母は色々サプリメントや整体に連れて行ってくれました。それは感謝しています。

PMS対策に飲み始めたマリエン薬局のメディカルハーブティー

産後しばらくは、本当に生理痛が軽い人ってこんななんだ!!と感動するほど薬もほとんど飲まないで良い生理痛のなさに嬉しかったです♪

しかし、数年たち生理痛が復活の兆し・・兄弟を産み更に軽くなるもののまた生理痛が重くのしかかってきました。

私が飲んで劇的に効いたのが、ハーブティーです。これは、効きました。真面目に生理前に飲んでいたら劇的に痛みが少なくなった事もありました。

特に、産後に始まった尾てい骨の少し右当たりの痛み(神経??)は痛すぎて薬も効かない時があり(唯一ロキソニンは効いたかな??)漢方も出してくれる内科に受診してしまうほど悩んでいたのですが、漢方で多少良くなったものの痛みは無くならず困っていたら、以前から愛用していた会社のハーブティー(生理、PMS対策)のモノを飲んだ月から痛みが落ち着いたのです。

その月は、生理前一週間位からきちんと飲んでいました。しばらく経つと痛みが出ないのでそのハーブティーも飲まないでいいか位痛みが消えました。

最近、鎮痛剤も飲んでいなくてハーブティーもサボっていたのでまた今月はお尻の横の痛みが復活したのでハーブティーを飲んでいます。

結構お値段はするのですが、効果が凄くて他の種類も飲んでいますがとにかく精神面にも効くのに肉体面にも効くのが凄いと思っています。

思っていた以上の即効性!!ヨガで身体の内側から変化しているのを感じた

ヨガは以前から気持ちがいいとは思っていましたが、即効性がある事も分かりました。

本来生理中は避けた方が良いとも言われていますが今回ハーブティーをあまり飲んでいなく逆流性食道炎の影響で鎮痛剤も飲みたくないのでヨガを活用しました。

私が本屋で見つけた本で初心者向けのモノなのですがDVDが付いていてゆっくりとこきゅうしながら行うと痛みがすぐに消えたりするのです。(勿論その後痛みは出てきたりも)

これで今回は鎮痛剤を一度も飲まずに乗り切りました。

毎日の食べ物が身体を作っている、カフェインや白砂糖は生理痛にはあまり良くない食材かもしれない

今回逆流性食道炎の対策のために一切のお菓子、コーヒー紅茶などを取っていない生活が2週間位続いているのですが、生理痛が鎮痛剤なしに我慢できるのはこれが要因かもしれません。

白砂糖とカフェインは飲むとホッとしますし、安らぐのですが一方で身体を冷やすらしいのです。子宮が冷えると生理痛が酷くなると言われていますので効果があったのかもしれません。

また、朝一で白湯を飲むようにしているのも良いのかもしれません。

食べたいものを食べられない生活はすごぶるストレスですが、体重がかなり落ちて更に生理痛が軽くなるのは嬉しいです。

ずっと食べないのは厳しいという方は生理の一週間前だけでも出来るだけ砂糖とカフェインを飲まない生活をするだけでも生理痛が軽くなるかもしれませんね。

その後の生理痛についての記事はコチラです☆
辛い生理痛やPMSですが、少しずつ体質改善する事で毎月の憂鬱な日々が軽くなると良いと思うので引き続き研究していきたいと思っています。

スポンサーリンク




にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(30代)へ
にほんブログ村