【PMS】ハーブティーで生理前の憂鬱が改善した!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサーリンク



PMSがあるだけで毎月憂鬱な気分になる

これが無いだけで、人生ハッピーになる!!

そんな風に思ってしまう程・・

PMSで気分が落ちると家族にもイライラが酷くなって・・この世でひとりになった気分、

欝々とするのが本当に憂鬱です。

生理痛も辛いのですが、自分の気持ちをコントロールできなくなるこのPMSも厄介です。

気持ちの不安感と、頭痛と腰の痛みなどが私が感じるPMSですが

眠気を強く感じたり、だるさが凄くて仕事にも身が入らないという声も聞きます。

女性特有の症状で女性でもない方もいますから、中々理解してもらうのも難しい場合が

あってそれが余計に症状を辛く感じてしまう原因になります。

PMSを改善してくれたマリエン薬局のハーブティー

人それぞれ違う症状が出る、PMS(月経前症候群)ですが、

私のPMSは、愛用しているマリエン薬局のハーブティーを飲むことで

目に見えて改善しました!!

ドイツのマリエン薬局は、古くからある伝統的な薬局でドイツの国家基準を満たした

医療品品質のメディカルハーブティーを扱っています。

その中でも、ホルモンバランスによる、生理痛やPMSに特化したハーブティーが

ウーマンブレンド

です。

13種類のハーブで出来ていますが、

医療品品質というのは、良く聞くオーガニックを超えた品質でドイツの厳しい基準によって

安全性からハーブの有用性の量や質もチェックされているのでお墨付きの商品なんですね。

PMSは、生理前に多く感じるので、生理予定日の約1週間前から集中的に飲むようにしています。

ウーマンブレンドを飲み始めた時は、2週間位連続して飲んだ記憶がありますが、生理前には

いつも、こめかみの辺りがズキズキして、肩こりもいつもの5倍くらい酷くなるのですが

頭痛が無いままに、生理日を迎えたこともありました。

体調面も効果抜群でしたが、

精神的な面では、即効性がありました!!

イライラして、夜などは、逆にもう色々な不安が渦巻いて将来が怖くなったりしていたのに

そういう不安がかるくなりました。これが、ハーブの力??と以前から、マリエン薬局の

ハーブティーは飲んでいたものの、やっぱり今回も驚きました。


スポンサーリンク




PMS対策に飲み始めたけど、生理痛にも効果があったハーブティー

PMSにとても効果があって、嬉しかったのですが、他にも効果がありました。

それは、産後また痛みが回復してきた生理痛です。

中学生の頃からあった、重い生理痛・・・薬を飲めない頃は、本当に辛くて辛くて

七転八倒という言葉がぴったりなほど・・

痛みで寝ていた布団のシーツを破ってしまった事もあります。(無意識にしがみついていて)

母が、あまり薬に頼らせたくなかったようで、中学生の頃は、鎮痛剤をほとんど飲ませてもらえずでした。産後、軽くなるよ!!というのが母の口癖でしたが、産後なんていつだよ!!

私は今痛いんだよ!!といつも思っていました。

薬を飲むようになってからも、痛みは酷くなる一方でした。あの頃、このハーブティーを知っていたらなと思います。

勿論、痛み止めは今も飲んでいますが、飲む量が減りました。

また、その月によっては、痛み止めを一回も飲まないで良い時もありました。

ずっと、痛み止めとともに生きてきた私にとって、これは画期的でした。

痛み止めを常用していると、胃腸の弱い私は、生理期間が終わると鎮痛剤で胃が荒れてその後

しばらく胃が気持ち悪くなるという症状になってしまうんです。

だから、なるべく飲みたくないのですが、ハーブティーを飲むことで痛みも緩和されるので

とても安心感があります。

こんな風に、ティーバッグ式のものと、リーフタイプのものがあります。

ティーバッグの方は、そのまま入れられて便利なのですが、成分を抽出しやすくするために

ティーバッグを手で揉み解したり、スプーンの裏で優しく押すと良いみたいでやっています。

コップにティーバッグを入れてお湯を入れたら、コップに蓋を10分位しています。(小皿で)

湯気に溶け込んだ成分が、しっかりと抽出されるそうです

リーフタイプのものは、入れる前に100円ショップで買ったミニすり鉢でゴリゴリすりつぶしてから入れています。

イケヤで買った、ティーポットを使っているので、シルバーのティーフィルターが付いているのでそのまま入れられます。

それを買う前には、日本茶を入れている急須で煎れていました。

原因不明の尾てい骨の痛みも和らいだ!!

PMSと生理痛もとても辛いのですが、お産をする前には感じなかった痛み

尾てい骨の少し右当たりの痛み(神経?)は、痛みのあまり眠ることが出来ない

日もあるくらいで精神的にめちゃくちゃ辛かったです。

今通っている漢方内科より前に、別の漢方も出してくれる内科に受診しました。

とても、悩んでいたのですが、漢方では、継続しなかった事もあるかもしれませんが、

痛みが多少良くなった程度の改善で・・

完全には、痛みが無くならずほとほと、困っていたら、このウーマンブレンドを飲み始めてから症状が落ち着いて来たのです。

その月は、ハーブティーを生理前一週間位からきちんと飲んでいました。

数か月すると、そんな痛みがあった事も忘れる位痛みが薄れていました。

鎮痛剤も、お尻の尾てい骨横の痛みもないからいいや。って考えてしまったんですね。

ハーブティー高額だし・・・

と飲まない時期があったのですが、しばらくするとどんどん生理の時の痛みが増してきて

慌てて、また注文して飲み始めたという事もありました。

PMS対策にはハーブティーも大切だけどヨガ、カフェイン、砂糖を取らない事も効果があった

身体と心に優しく効いたハーブティーですが、

ハーブティーの他にもPMS、生理痛軽減に効果があったと思われるものがいくつかあります。

・ヨガ

ヨガは、やっている最中は、気持ちがいいとは思っていましたが、そんなに身体に効果が

あるとは正直思っていませんでした。でも、即効性があったのです。

本来ヨガは、生理中は避けた方が良いとも言われていますが、ハーブティーをあまり飲んでいなく逆流性食道炎の影響で鎮痛剤も飲みたい時期にヨガを活用しました。

本屋で見つけた初心者向けのヨガ雑誌で、DVDが付いていて、ゆっくりと呼吸をしながら行うとなんと痛みがすぐに消えました。(勿論、その後痛みは出てきたりもしますが)

この方法で、その月は、鎮痛剤を1度も飲まずに乗り切りました。

逆流性食道炎の対策のために、一切のお菓子、コーヒー紅茶などを取っていない生活が2週間位続いているのですが、生理痛が鎮痛剤なしに我慢できるのはこれが要因かもしれません

白砂糖とカフェインは、飲むとホッとしますし、安らぐのですが一方で身体を冷やします。

子宮が冷えると生理痛が酷くなると言われていますので効果があったのだと思っています。

それからもう一つ、朝一で白湯を飲むようにしているのも良いのかもしれません。

食べたいものを食べられない生活は、ストレスですが、体重がかなり落ちて更に生理痛が軽くなるのは嬉しいです。

ずっと食べないのは厳しいという方は生理の一週間前だけでも出来るだけ砂糖とカフェインを飲まない生活をするだけでも生理痛が軽くなるかもしれませんね。

その後の生理痛についての記事はコチラです☆
辛い生理痛やPMSですが、少しずつ体質改善する事で毎月の憂鬱な日々が軽くなると良いと思うので引き続き研究していきたいと思っています。

スポンサーリンク




にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(30代)へ
にほんブログ村