子供の医療保険は必要なのか??4度の手術を通して考えた事

震災の後に子供の医療保険について考えた

東日本大震災が起きた時子供を抱えてテレビを観てこの先どうなるのだろう??と不安になりました。ショックが大きくて被災地の方の事を手助けできることも無く本当に日本中が色々と大変だったことを思い出します・・


スポンサーリンク



しばらくは、当面の生活でいっぱいで食材なども手に入らない事が増え日々の生活が変わってしまい公園などもいけない日々を送りました。

それから、少しずつ日常が戻り医療保険についても考えられるように、きっかけは子供の怪我の保険に加入したことなんですが、その時に同封されていたチラシに子供の医療保険についても書いてありました。

私は独身時代からアフラックの終身保険に加入しています

会社員をしていた頃にアフラックの終身医療保険に入りました。月々3193円でこのまま年齢が上がっても値段が変わりません。

子供たちは、ある年齢まで医療費補助が頂ける地域なのでその年齢までは医療保険は必要ないと思っていましたが、検討した医療保険は早く入れば入るほど月の掛け金が安くなっていてまた、病気になってからだと入れないものもあると聞き子供たちの保険として掛ける事にしました。

上の子は、月1251円、下の子は、月1198円と少し差はありますが大体月に1000円前後☆

私は、払い済みが無く一生払い続けるのですが、子供たちは、65歳払い済みコースにしたので長いですが、65歳まで払ったらその先の保険料は払わないで良いという事です。

正直迷いました。特に医療保険は日々先進医療特約などが変わって来たりして新しい保険に乗り換えて行った方が安心なのもあるからです。しかし、この保険は親がずっと安心のために掛けておいてもそこまで負担にならない額なので・・・

本当は、50歳払い済みとかにしたかったのですが掛け金が上がるので65歳にしました。何もないよりは安心かなという感じで入ったのです。

思わぬ形で役に立つ時が来る

保険に加入してから1年位たって下の子が中耳炎の手術をすることになりました。あまりにも中耳炎が治らないので・・・いよいよ耳に穴をあけてチューブを入れる手術です(´;ω;`)

全身麻酔をして行いますが、私の言っていた病院は日帰り入院で行う事が出来ました。後に考えると、泊まりの手術の方が楽だったかななんて考えますが(朝も早いし色々大変でした)

他に子供が居るのでやはり日帰りで良かったのかなと感じています。

ここで、病院で手術の説明を受けている時に、もし保険などの請求がある場合は診断書が必要なので・・みたいな説明を受けました。

因みに、手術代金は、まだ1歳なので、医療費補助で0円でした。

帰ってから保険会社に連絡した所・・

日帰り 中耳炎 チューブ挿入術だと 25000円の保険料が貰えるという事でした。

因みに、泊まりの手術だと50000円でした。

確か、片耳でも両耳でも一度の手術で25000円でした。

という訳で手術が終わった後に病院から診断書を貰い書類を提出する事にしました。

手術を受けた病院では診断書代が5000円でした。




結果、

手術給付金 25000円-診断書代 5000円=20000円

20000円が貰える事になりました。⇒身体にメスを入れる事にとても抵抗がありました。全身麻酔をしてまでやる事なのか・・・と迷いもありましたが結果として耳も聞こえるようになりやってよかったです。

20000円は、下の子の貯金通帳にそのまま入れました。

その後上の子、下の子も手術を複数回受ける事になり・・

手術給付金は、何か月か??間を開けるとまた同じ手術でも給付金が貰えます。

我が家は、兄弟ともに耳が本当に弱くて複数回手術をしたのでその手術分給付金が貰えました。

診断書代が高く感じましたが仕方ないですね(-_-;)

2回目からは、こちらも手慣れてきて、手術日が決まったと同時に保険会社に電話をして提出する書類を送付してもらっていました。その書類を手術日に病院に出すことで再度病院へ行く手間が省けるからです。

(病院がちょっと遠い場所で交通費も掛かるため最小限に済ませたかった)

一度耳の手術をしたからだともしかしたら同じ保険には入れなかったかもしれません。入れたとしても耳の手術給付金は頂けなかったかもしれません。

子供たちに痛い思いをさせたことには変わりませんがその分給付金を貰えてそれぞれの口座に入金したのでこれは子供たちの将来に使いたいと思います。

ママ友と保険について会話をすると子供の医療保険に入っている人は近隣では居なくて驚かれました。やはり医療費が一定の年齢まで無料なのが関係していると思います。

我が家ももったいないなと考える事もありましたがこんなにも手術する事になったので入っていたのは良かったなと考えています。

成人するときに入っている保険について子供たちに説明して引き継がせるか私たちが払っていくか分かりませんが、やはりいくつになっても子供たちの健康については、親は心配なものです。

今後も保険など色々見直してより良い安心を変えると良いなと思っています。
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(30代)へ
にほんブログ村


スポンサーリンク