【レジャー費の節約】メルカリや金券ショップを活用

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

家族でお出かけする時に、入場料や入園料が高くつく!!ってことありませんか?

独身時代は、1人分なので気にしたことの無かった金額ですが、今は、大人2名

、子供2名という料金がかかるのであらかじめお得な割引が無いか調べてから出かけるようにしています。

前売り券も良いのですが、メルカリや金券ショップで入場券、入園券、映画のチケットを購入するとお得がいっぱいです。

手間は少しかかりますが、そのひと手間で浮いたお金でちょっと良いランチが食べられるかもしれません。

今回、我が家が良く使うお得な方法とどの位のお得があったかをまとめました。


スポンサーリンク



レジャーにお出かけ!1000円以上お得に遊べた!

家計管理の中でレジャー費ってどの位に設定していますか?

現在、10000円/月位の予算なので、4人で出かけるとあっという間にオーバー

してしまう金額です。

なので、少しでもレジャー費を浮かせるために事前の準備は、欠かせません。

我が家が行く代表的なレジャー施設は、

・映画館

・少し大きめな有料公園

・水族館

・動物園

等が多いのですが、ラッキーな事に、その全てで割引券を活用する事が出来ています。

もしくは、株主優待などをお得にゲットして安く入園、入場出来た事もあります。

良く行く、大型公園は、入園料が大人600円ですが、大人2名分で600円の入園券がメルカリで出ていたので行く前に購入して半額で入園できました。

⇒【ムビチケカード】金券ショップで前売り券を買って映画を節約 

映画は、大人1人、子供2人で観る事が多いのですが、通常3800円かかる所、

3200円で観る事が出来、600円浮くことになります。

少ない金額に思えるかもしれませんが、積もり積もれば大きな金額です。また、映画館

では、ポップコーンを購入するのでそれに充てる事も出来ます。

ちなみに、直近では、子供からずっとせがまれていた東京スカイツリーに行きましたが、

通常

展望デッキフロア350 大人 2060円

            小人  930円

なのですが、割引券をメルカリで購入しまして

 大人 1440円

            小人  620円

というお値段で入場できました。

合計で、1860円割引になり

メルカリでは、割引券(株主優待)を500円で購入できたので、

大体1360円もお得に入場できた計算になります。

東京スカイツリーは、元々のお値段が高いので躊躇していましたが子供にずっと行きたいと言われていたので連れていけてとても良かったですし、お値段もお得に出来たので

事前に準備をしておいて本当に良かったなと思いました。

レジャー費の一つ電車移動も割引券でお得に

金券ショップでも、新幹線の割引券や付近の電車会社の割引切符もたまに置いてあります。見つけた時には、即ゲットする私ですが、なかなか競争率も激しく入手できない事も多いです。

メルカリでも、私が利用する沿線の株主優待切符などは、すぐに売り切れてしまうので

良くチェックしています。

⇒【メルカリ】ランサーズと合わせたら20万円以上の収入が!

利用する沿線の全線が無料になる優待切符などは、乗る区間にもよりますが

大幅に安くなる時があるからです。

水族館に行く時にも、めちゃくちゃお得な割引券を見つけて即ゲットしました。

なんと、入園料が全員分半額(5名まで)というもので、、家族全員で行く予定

だったので、かなりお得になりました。

割引券には、大体有効期限があるのでそこだけは、注意しています。

例えば、旅行先にある施設に向けて早めに割引券をゲットしておこうという事で

探して購入するも・・・

旅行日が、2018、9月だとして、有効期限が、8月末までなんて事も

あるので、焦らずじっくり詳細まで見てから購入すると良いですね(^▽^)/


スポンサーリンク




まとめ

お得にレジャー費を節約する方法をまとめてみました。

やはり、多少面倒ではありますが、事前に下調べしておくことで、かなりスムーズに行程が進みますし、お得をゲットする可能性も上がりますよ。

その他にも、レジャー施設に寄りますが、家でおにぎりなどを握って少し持って行くだけでも、節約になります。

⇒【食費】手作りをすることで、節約効果がうまれた 

手作りってやっぱり最強に、安上がりです。我が家は、軽めのお菓子も持参する事が多く、それにより出先でお菓子を買わずに済みかなりの節約効果をあげています。

とはいえ、場所によっては、ソフトクリームやその場の名産品を楽しく食べたりもしたいので、やりすぎると楽しくなくなる可能性があるので、ほどほどにしつつレジャーを楽しみたいですね。


スポンサーリンク





にほんブログ村


にほんブログ村