【固定資産税】マンション10年目の金額は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マンションの固定資産税っていくらかかるの?

日本では、戸建て、マンション、土地など「不動産」を所有していると税金がかかります。購入、売却についても税金がかかります。

マンションは、土地代と家屋代の固定資産税の請求がきます。固定資産税の請求と同じ請求用紙に、都市計画税という税金も合わせてきます。

我が家は、新築マンションを購入して10年程度経つのですが、今年も固定資産税の請求が来ました!!

大体、4月の上旬に届くようです。

今年の固定資産税の請求額は、、

127500円

内訳は、固定資産税が

103100円

都市計画税が

24400円

でした。

固定資産税は、一括で支払う事も出来ますし、4回に分割払いをすることも出来ます。

それぞれ、納付期限が決まっていて、

1期 5月2日期限

2期 8月1日期限

3期 1月4日期限

4期 2月28日期限

という事になっています。

固定資産税は、一気に大きな出費なので、4回分割払いにあえて、しているというママ友もいました。その方が、家計管理がしやすいという事でした。

我が家は、固定資産税は、住宅ローン減税で戻ってきたお金を取っておいてそれを支払いにまわしています。


スポンサーリンク




固定資産税の支払いに助かる!?住宅ローン減税とは

住宅ローン減税制度というものがあり、我が家は大変助かりました。

どんな制度かというと、

毎年の住宅ローン残高の1%を所得税から控除して貰えます。(10年)

会社員をしていると、毎年年末に年末調整という制度があると思いますが、それが、住宅ローンを組んで色々な条件が当てはまると控除された金額が戻ってきます。

我が家が、マンションを購入した時点では、最大控除額が、

200万円(20万円×10年)でしたが、平成26年からは、最大控除額が上がり

400万円(40万円×10年)になりました。

例えば、年末の残高が2000万円だとすると、支払っている所得税にもよりますが

(所得税が20万円以上じゃないと最大額は戻ってきません)

最大で20万円戻るのです。

こういった感じで、我が家も年末調整で戻ってきたお金を別の銀行口座へ入れて

春まで保管して、固定資産税を支払っているという訳で、そのおかげで、

固定資産税の 

為に月々積立する必要もなく、ボーナスから取り分けないで済んでいます。

固定資産税初めの5年は軽減措置で減額された

住宅ローン減税だけでも、大変助かったのですが、マンションを購入した人で条件に当てはまる人に、固定資産税の軽減措置が5年間ありました。

戸建ての場合は、3年、マンションの場合は、5年、固定資産税の半分が軽減されます。

固定資産税の細かい計算方法は、ネットで検索すると載っていますが、私は計算が苦手なのでしたことがありません。

因みに、5年の軽減措置があった時のある年の固定資産税の額は・・・

81300円

内訳は、固定資産税、65200円、都市計画税16100円

最近の請求額(127500円)に比べるとかなり、安くなっています。

固定資産税は、土地の価値や築年数など様々な要因で高くなったり、安くなったりするのですが、この時は、かなり助かりました。

5年間の軽減措置が過ぎたころ・・

同じマンションの同時期に購入したママ友達と、いくらになるんだろう??怖いね(◎_◎;)と話し合っていました。

やっぱり、激増した固定資産税に6年目の年はショックでした(;’∀’)

まとめ

10年経ってしまい、固定資産税にあてにしていた、住宅ローン減税制度が終わります。今まで、10年間ありがとうございました。

これからは、どこからか固定資産税の積み立てをしないといけないですね。

今後も、この位の金額であれば、毎月1万円位の積み立てが必要という事ですね。

気をしっかり引き締めて、無駄遣いしないように、楽しく生活していけると良いなと思います。

固定資産税は、賃貸マンションなどではかからないのですが、購入してしまうと

一生かかり続けていきます。

老後にこの負担がどの程度のしかかってくるか・・・頑張って貯金に励むべしですね。


スポンサーリンク






にほんブログ村


にほんブログ村

関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする