【夏バテ】イライラするのは不快指数が高い時!!少しでも和らげる方法!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

暑いとイライラする!!その度合いを数値で表したのが不快指数!!

不快指数とは・・

人間が生活するうえで不快さを感じる体感を数値で表したもの

気温と湿度で表します。不快指数は世界共通の計算式があるんですが、人種により

不快を感じる指数にも少しの差が生じています。

何だか文字にすると難しい不快指数なんですが・・

要するに、暑さと湿度で人間が不愉快な気持ちになる数値を表しています。

数値にされると分かりやすくていいですよね。まあ、実際には、気温や湿度が同じでも

風が吹いている日は少しましに感じますし・・あくまでも目安!!になる数値です。

それでですね!! 不快指数が70を超えると一部の人が不快を感じて75を超えると半数以上が不快を感じるんだそうです!!

ここで個人的な話なんですが・・わたくし・・夏が正直嫌いです!!

恐らくですが、不快指数70を超えた時点で(一部の人が不快を感じる)

Max不快を感じている気がします。

暑さが本当にしんどくて・・・夏が好き~!!!(^^)!と言っている人が

結構周りにいるんですが・・・羨ましい限りです。

ママ友でも冬より夏が良いな(^▽^)/と言っている人がいて・・夏の暑さで限界に来ていた時に結構真顔で問い詰めてしまいました。

なぜ??なぜ??こんなにもベトベトするのに!!汗はかかないの??暑くないの??

そうなんです。

なぜ??こんなにも夏が嫌いなのか考えてみたんです!!恐らく、夏嫌いのあなた!!

私と一緒のご意見の人が多いと思います。

夏が嫌いな理由はベタベタする事!夏の行事全てが苦手

まずは、汗でべとつく

ですね。もうこれは、仕方ないんですよね・・だって汗は、体温の調整をしてくれている

生命維持に大切な機能なのですから・・・

でも、もう生理的に嫌なんです。振り返れば・・・我が実家幼少の頃に住んでいた家には

エアコンはなかったはず・・熱帯夜で家族みんな眠れぬ夜を過ごしたことと知り合いから貰った冷風機(水を入れて少し涼しくなる機械)の前にずっといた気がするんで・・・(;^ω^)

その頃は汗をかいても大丈夫だった・・

しかし、エアコンが発売されてからだと思うのですが、母が凄い暑がりで家の中が夏はもう寒い位に冷やされていて(◎_◎;)更には、汗をかくとすぐにあせもになるからとタオルで拭いてくれたり、シャワーを浴びさせられたりしていました。

ある程度成長してからもその名残なのか、帰宅して汗だくになると(帰りが坂の上の家なので夏は汗だくになります)速攻シャワーを浴びて冷房の効いた部屋で横になるという極楽が大好きでした。

今は、流石に朝からシャワーを浴びなくなりましたが(子供が居てバタバタ)昔は休みの日は起きるとシャワーを浴びていてとにかくちょっとでも汗をかくとすぐに洗い流したくなってしまうのでした・・・

あと多分ちょこーっとだけその部分だけ潔癖の毛があって・・・

夏の代名詞である海も嫌いプールも嫌いなんです。厳密にいうと温泉というかサウナというかそういう所のロッカーが嫌なんですね。

まず、海は上がった後塩水でベタベタする・・プールは、絶対汚い事になって居そう・・(よだれとかツバとか鼻水とか( ;∀;)小さい子のおしっことか)、後は、着替えるロッカーは水で濡れていて更に髪の毛とかが落ちていてもうつま先立ちで歩いてしまうんですね( ;∀;)

子供が成長してから子供たちが毎年プールに行きたいとか泳ぎをママが教えて!!というんで

仕方なしに(◎_◎;)プールで毎年教えていますが・・・実際真面目に行きたくないわけです(笑)

それと極め付けがバーベキューもキャンプも嫌いなんです( ;∀;)

全滅ですね・・・ハイ。

バーベキューは後かたずけが面倒なのも勿論。。暑い中で火をたく意味が分からん。

(結婚前も結婚後も集団でバーベキューやりました、実際やったら楽しいんですがもう二度と

やらなくても良いやとなっちゃいます)

どうせやるなら冬なら喜んでやります。。

そして、キャンプは、まあ、虫ですね・・(全て苦手)あと暑い、寝る所が硬くて背中が痛くなること(◎_◎;)自分で書いていてビックリする位何も夏に楽しめないですね(-_-;)

夏を楽しむには!!不快指数を和らげる方法ってあるの??

このままでは、私の人生というか・・・子供たちが可哀想・・・

今も無理やり夏の行事に付き合っている感じですが楽しくない人と一緒にやっても

なんか盛り上がりませんよね。

不快指数を少しでも下げる方法が無いか切実に探してみましたよ。

1.扇風機とエアコンの風を併用する

これは、もう既に実践済みかもしれませんが、我が家のエアコン設定温度が28度か27度なのですが、リビングに居ると他の部屋より広い事もありエアコンの畳数に対応できていない時があり(リビング隣りに和室がありふすまを開けていると温度が上がる)

また、子供たちがいつも動き回るので夏休みは常に熱気が・・・そのため、扇風機で部屋の空気を攪拌するとかなり体感温度が変わってきます。

除湿効果もありエコでもあるので、ぜひぜひお試しください。

2.窓を開けて換気をする

真夏暑いとずーっとエアコンをつけていて換気をしていないってことありませんか??

我が家は良くあります。実は、換気をすることで適度に湿度を下げてくれるんだそうで・・

もし、外が雨でも家の中の湿度の方が高い事が多いので換気をすることが必要だそうです。

対角線上の窓を2か所開けて風を抜けさせることが好ましいのですが、我が家もそうですが

マンションだと間取り的に難しい場合は、扇風機を窓の外に向かってかけるのも良いとの事です。

3.身体を冷やす食材を食べる

女性に冷えは大敵なのですが・・・

暑すぎてやはり夏は身体を少し冷やしてくれる食べ物も必要かもしれません。

すいか、きゅうり、なすなど夏のお野菜は身体を冷やしてくれるものが多いんです。

冷やし中華なども見た目も涼しげですし食欲がない時にも食べられていいですよね。

4.わきの下や首の後ろなどに保冷剤をあてる

もはや、病気の時の熱さましと同じ状況ですが・・・

冷凍庫に保冷剤をストックしていて首などの血管にあてるのですがこれがホントに効果抜群!!結構身体が冷えます。涼しく感じます。

多少見た目はあれですが・・・暑さに負けないためにはすごい良!!アイテムです。

コチラのような和のガーゼマフラーだったら巻いていてもオシャレですよね。

いやー本当に今は便利なものが発売されているんですね!!私が昔から暑がりで中学生の時に

帰り道いつも友達と坂道を登りながら・・・暑さを乗り切るアイテムを妄想しあっていたんですね。

例えば、この道にエスカレーターが付いていたら楽だよね♪とか(^▽^)/

後は、この道にエアコンが付いていたらとか・・・身体の周りだけ冷房機能が付きまとっていたら1万円なら出せる私!!とか・・・

上記のグッズは、背中に保冷剤を入れて冷たくするものなんですが、中学生の時にあれば

くそあっつい部活(運動部をなぜかチョイス)の夏の練習や試合の時に絶対使ってた!!

恥じらいなどを捨てる事が出来るほど暑さが嫌いなので(◎_◎;)恥じらいがある方にはちょっと厳しいのかな??私には可能です(笑)

5.汗を抑えるアイテムを使う!!

今はホント様々な便利グッズが出ているのですが、汗対策の商品も目白押しですね。

ネット社会様様です♪

私が気になっている夏の顔汗と頭皮のニオイ!!!

この2点を抑える事が出来れば夏の不快指数が個人的にはグーンと下がると思うんですね。

汗をかく=不快なにおい発生

という図式もまた不快指数が上がる条件の一つかな・・と考えるわけです。

もしも、汗をかいてもその香りがふんわり~いい香り~だったら人はここまで不快指数が上がったのでしょうか??

頭皮のニオイから加齢臭まで一挙に使えるこのアイテム!!

私頭皮のニオイに関してはかなり研究していたので自分でハッカやミョウバン水で作った事

あったのですが、頭皮のニオイは難しいんですよ( ;∀;)凄く、、ニオイの専門家の先生も頭皮のニオイは難しいとHPに書いておられました。

だからこんなアイテム待っていました。

お出かけ前にシュッシュッとスプレーするだけで完了なんて便利ですね。

やはり頭皮のニオイや女性でも加齢臭にお悩みの方が結構いるってことですよ

まとめ

夏の暑さと湿度が不快指数を上げまくることが分かりました。

日本の夏は蒸し暑い~と昔から言われていますよね。

セレブの方ならば、夏だけどこか諸外国などに避暑に行けるかもしれませんが・・

私には、逃げ場がありませんので地道に夏の不快指数を下げる方法を模索してまいりたいと

思います。

グッズに頼る傾向が強くなるわけなんですが、もしかしたら・・・ダイエットする事も

涼しさを感じる一つの方法かな~なんて最近思ったり・・なぜなら一度物凄く急激に痩せた夏があってその年は全然暑くなくて逆に冬に猛烈に寒く感じたからなんですよ。

まあ、急に痩せるのも難しい話なので取り急ぎは、便利グッズで不快な夏を乗り切って

夏の苦手なイベントやベトベト感を少しでも和らげて楽しめたらいいなと思っています。


スポンサーリンク






にほんブログ村


にほんブログ村