【ゆうちょ銀行】満期前の定期預金のおろし方(本人名義)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ゆうちょ銀行で遂に定期預金をおろすことに

今年の冬は、悲しい事に家計管理がうまくいっておりません。

家計管理は、そもそも苦手ですが、結婚当初に比べて色々試行錯誤した事もあり

ここ数年は、赤字対策もして、ボーナス補てんをせずに何とかやってこれたのですが、

今回ばかりは、大型出費が多すぎて、家計がめちゃくちゃになりました。

⇒【赤字家計】大型出費で通帳残高がまずいことになってしまった 

もうすぐ、ボーナスの時期なのでいつも通りボーナスが出てくれれば何とか

補てんも出来ますが、

家計が混乱して分からなくなってきたので、一度、ボーナスの度に定期預金にしているお金をおろして、補てんする事にしました。

⇒【ボーナス】赤字補てんはNG!!家計が破たんする原因

前々から、赤字の数字を見るたびに、あー、定期預金を下して

補てんするべきか?と考えていましたが、ついに決行する時が

でも、ゆうちょ銀行の定期預金、どれも満期を迎えていない

この状態でも、解約する事が出来るのかな??

行く前に、Internetで検索しましたよ。

主に、知恵袋さんにお世話になりましたが、

解約できなかったという意見もあったのです。

窓口の人に、ダメと言われた!!

という意見です。それで、結局色々ゆうちょ銀行の上の人も出てきたあげく

結局解約できたという話でした。

ちょっと、不安が残りましたが、取りあえず、

印鑑

身分証明書

を持って行くことにしました。(自分名義の口座です)


スポンサーリンク



ゆうちょ銀行で解約請求をしたらあっさり了承されました

窓口に行き、待合カードを取ってすぐに呼ばれました。

恐る恐る、(解約期限が来ていないため)

窓口の男性に解約請求をすると、、、

では、こちらの用紙に記入してください。

と、あっさり、解約手続きが進みました。

住所、氏名、電話番号、印鑑、

通帳の口座番号、解約する金額

これだけ記入するだけでした。

ものの5分位で、再び呼ばれて、無事解約した現金が渡されました。

解約した金額は、10万円よりちょっと多い位でしたが、

利息9円もついて戻ってきました。

流石に、期限以前の解約なので、

利息は、付いてこないと思っていたので、ちょっと嬉しかったです。

※途中解約する場合は、利息に付いてペナルティー利息が適用されて

当初の金利より低い金利で計算されます。

ただし、元本割はなし

ゆうちょ銀行で本人以外が解約する場合は

本人名義の定期預金の解約については、上記の様にハードルは低かったです。

しかし、これが、本人以外の口座となると話は変わってきます。

まず、

委任状が必要になります。

それ以外にも、必要なものが支店によっても違ってくるようで、

初めに電話などで問い合わせして用意してから訪れた方が良いでしょう。

解約できる時間は、大体のゆうちょ銀行で、平日の15時までという事なので

会社勤めのかたなど、わざわざ休みや半休を取って行っても、解約できなかった

となると、かなり勿体ないので、ぜひ確認をすることをお勧めします。

どうしても、ゆうちょ銀行の定期預金が今すぐに必要だけど、

本人でもないし、中々平日に行くことが難しいという場合もあると思います。

そんな時は、総合口座であれば、

定期預金している金額の、9割位(定かでは無いですが)

までは、普通預金で貸し付けしてもらう事が出来ます(多少の金利は、かかります)

要するに、今私が陥っている

メインの銀行口座のマイナス口座のようなものですね( ;∀;)

出来る事なら、定期預金の解約をしないで過ごすことが一番ですが、

本人名義ならば、結構簡単に解約できることが分かりました。

このことは、私にとってあまり良くない情報ではあります(;´Д`)

(すぐに解約できるという安心感)

次回からは、絶対に解約したくないものは、あえて夫の口座に入れる事に

します。

お読みいただきありがとうございます。


スポンサーリンク




にほんブログ村


にほんブログ村