外国人だらけの職場環境にカルチャーショック

日雇い派遣で最初に行ったのは工場

前回からの続きです急に居てもたってもいられず派遣会社に申し込んだ話

初めてバイトレで行ったのは、工場内作業でした。

学生時代に、バイトしたことはありましたがまさかの色々があり帰るころにはもう凄い精神状態に陥りました(;^ω^)途中で逃げたくなった私でしたが何とか、実働時間8時間働きました(´;ω;`)


まず、意外に心配性な私は方向音痴な事もあり平日のうちに場所を確認しに行きました。とにかく緊張してしまって、(;^ω^)当日迷う訳にはいかないという事で・・・日雇い派遣なのに下見に行くなんて聞いた事ないですよね(;^ω^)それくらい心配性なんです。

駅から少し歩いて到着当日は滞りなく到着できました。

指示された建物内に入り(メールで詳細の地図と建物についてからの移動方法も細かく書いてあります)

社員らしき人に挨拶すると、すぐに待合室??に居る日雇い派遣の先輩らしき人に紹介されましたが、もう何年振りの社会に出る事で上がりまくっていて変な日本語を操る私でした。

ただ、その方がとてもいい人で若いのにめちゃくちゃ親切に教えてくれ(´;ω;`))師匠と呼びそうになりました!!!ありがとうございます!!


スポンサーリンク



その後行った所では派遣が派遣に教えるなんて事はなかったのですが、この教えてくれた方は何度も来ているリピーターさんでそういう事もやってくれたようです。

とにかく衛生管理が凄すぎる!!!

ビックリしたのが、昔工場で働いていた時の100倍くらい衛生管理に厳しい事です。髪の毛一本入っていただけで大変な事になるそうで爪まで磨くブラシがあります。着替えをするのも命がけ(と初めは感じるほど難しい着替えです(;^ω^))そして、次の場所でゴム手袋をしてコロコロで帽子についた毛を取って・・・とにかく厳しい(;^ω^)最後にエアシャワーをするのですがこの時点でヘトヘト

とてもじゃないですが就業時間の15分は前に居ないと遅刻確実です!!!こういう所も給料に入れてほしいほどの念の入れようですし、後から知りましたがトイレに行くのも全部脱いで全てをやり直さないといけないので(;^ω^)多少のトイレなら我慢しちゃう人が多いです。

師匠と同じ持ち場に配属されるも(´;ω;`)

1階から3階まであり階によって仕事が違うのですが、その日は2階が足りていなかったようで師匠と私は2階に回されました。同じ派遣先を選んでも毎回仕事が違い支障は3階で慣れている様なので凄く2階は緊張すると言っていました。

社員の人が私たちを持ち場(食品ライン)に連れて行ってくれたのですがそこで責任者らしきおばちゃんに私たちを引き渡すとそのまま仕事が始まります。地獄の始まりでした。

後から聞くとそこの持ち場が一番厳しいらしく・・・ホント恐怖でした。まず、責任者のおばちゃんは、超怖くて!!さらに外国人が沢山で外国語が飛び交って・・・怒鳴り声が飛び交います(´;ω;`)戦場??怖い

皆は慣れていて物凄い速さで品物が流れてくるのですが説明もそこそこにやらされて私の所で流れが止まると誰かが怒鳴ります(´;ω;`)カオスでした。地獄でした(;’∀’)白衣の中で脇汗がドバドバ出るのを感じながら・・・



家で働ければノンストレスですよね

今すぐ帰りたい!!イメージと違い過ぎる中には優しいおばちゃんも混じっていますがキャラが濃い人が多すぎて消えてしまっているのです(´;ω;`)

何か横の人たちが言い争いを始めたり///それで何とかラインが止まるとまた次のラインが始まっての繰り返し気が付くと隣のチームに人が足りないという事で回されました。その時点で12時前

13時になると元々いたチームの人たちが一斉に作業を終わらせて昼休憩に行きました。

ガビーン

回されたチームは、製造が忙しいらしく14時になっても15時になっても休憩すらなくてまさかこのままずっとやり続けるの??と思っていました。もしかして、私の存在忘れられてる??と不安がピークに達した時にやっと昼休憩に言ってきていいよと言われました。

初めての派遣で9時から15時までたちっぱなしトイレ無し膀胱はパンパンでクラクラして

休憩所では屍の様になる私でした。しかし、まだこの後ある(;^ω^)でも18時までだ頑張ろうと思っていたら17時くらいに1階が足りないから言ってくれとの要望アリ!!使いまわされまくっていますね。

1階が本当の恐怖の場所でした。先ほどの場所は中国人さんが多く、1階はポルトガル??なんかラテン系のおばちゃん二人組と日本の高齢のおじさんの組み合わせ(;^ω^)これがまた大変でした。

私はあろうことかミスをしてしまい、そのラテン系のおばちゃんにめっちゃののしられました。号泣

言ってる事はよくわからんけど罵倒されてる

どうやって、この一日を耐えたかというとひたすら単純作業の時には、今1000円稼いだ、と時計を見ながら今日稼いだお金を思い浮かべていました。

そうすると、不思議な事に何とか耐えられました。パンチが強すぎるのですが、外国人の人たちは一通り怒ってしまえばあとくされがないのでそれは良かったです。陰でこそこそ言われる事もない(?)ので。

とにかく、今日はお疲れさまでした!!!上がってくださって結構です!!という社員さんの言葉が(´;ω;`)嬉しかった・・・こんなに厳しい経験は久しぶり!!

でも、こんな目に遭ったのになかなか他に仕事が見つからずこの後何と15回くらいもその仕事先に通う事になるなんてこの時の私は知る由もなかったのです・・・どんな終わり方(;^ω^)


スポンサーリンク




にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(30代)へ
にほんブログ村った