【敷金返還トラブル】賃貸マンション引っ越し時に修繕見積もりに納得いかず

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

賃貸マンションから引っ越すときに敷金返還金額が少なすぎる

賃貸アパート、賃貸マンションを借りたことがある方ならご存知だと思うのですが、借りる時に、敷金、礼金、または保証金という名称があります。

敷金というのは、(保証金も同じ意味)家を借りて万が一家賃が払えなくなった場合などに始めに納めた金額でまかなったり、借りていた家から引っ越す際に、原状回復の必要がある場合に、そのお金でまかなうために始めに納めるお金のことです。極端な話、何も戻す必要が無い場合は、退去時には敷金(保証金)は戻ってくる仕組みです。

※原状回復というのは、ガイドライン(国土交通省)によると通常に使用している以上の使用をした場合に出来た、汚れ、破損などを元に戻す必要があることです。

一方、礼金は、貸主に対する御礼という意味合いがあるので返却はされません。

現在は、敷金0円という賃貸物件も増えています。

我が家が、住宅を購入していよいよ引っ越すときに、解約手続きをしてしばらくしたのちに、不動産会社(賃貸マンションを仲介してくれている会社)から書類が届きました。

一番初めに送られてきた書類では、、

我が家が納めていた

預かり敷金は、240500円

でしたが、

うち、返却金合計金額が 49880円だったのです。

この金額に対して初めは、夫婦でまあ少なめだねという話になっていました。

ネットで調べた、敷金返金の相場は、敷金の2分の1とかそういった 金額だったので、

120000円位が相場だと思っていたのです。個人的には、住宅ローンを組んで一円でもお金が必要だったので、マジでこの金額少なすぎる!!と思っていました。


スポンサーリンク




解約精算明細書の原状回復へのお見積り書に納得がいかない

解約精算明細書が添付されていたその書類をよくよく見ると、今後我が家が借りていた部屋のリフォーム工事料金のお見積り金額が細かく書いてありました。

夫とその書類を見て居ると、どうも納得いかない部分が多々ありました。

最近、敷金返還トラブルというのが相次いでいて、結局管理会社や貸主の主観で返金金額が決められている事が多いようで、黙っていると不当な請求をされて、敷金では足りなくて余分な請求をされた人も居るという事でした。

勿論、トンデモナク部屋を汚して退去する人も居ると思うので、貸主の方の気持ちも分かりますが、我が家は、退去する時までに本当にゴクゴク普通に使用していて、子供も赤ん坊だったので殆ど、動くことも、何かを破ることもなく暮らしていました。

納得いかない部分は、

・ベランダ側洋室天井のクロス張替え

金額12800円 入居者負担 7040円 オーナー負担5760円

・廊下側洋室天井クロス張替え

金額7040円 入居者負担 3872円 オーナー負担3168円

・DK天井クロス張替え

金額 11520円 入居者負担 6336円 オーナー負担5184円

・廊下天井クロス張替え

金額 3840円 入居者負担 2112円 オーナー負担 1728円

・トイレ天井クロス張替え

金額 1920円 入居者負担 1056円 オーナー負担 864円

・洗面所天井クロス張替え

金額 3200円 入居者負担 1760円 オーナー負担 1440円

・廊下側洋室壁クロス張替え

金額29440円 入居者負担 16192円 オーナー負担 13248円

以上のクロス張替え関係です。ほとんどが、天井クロス張替えなんですが、天井のクロスって

入居して特に何もこちらはしていないので、修理を負担する必要性が全く感じられなかったです。

うちは、喫煙者もいないし、ニオイが出るお香なども炊かないので本当に意味不明でした。

もう、築30年を超えるマンションだったので、そろそろリフォームしたいだけだったのではないのか?と思う程、入居した時と全く変化が感じられない天井だったので・・・・

これは流石に、あれれと思ったり・・・

あと、この微妙に入居者負担が多くされている所がその割合が意味不明・・・

他にも、絶対うちのせいじゃないだろうという項目のリフォーム費用まで請求されまくっていて納得いかないので管理会社に連絡をすることにしました。

そして、夫が立ち上がりました!

夫が管理会社に連絡、そして書類を作成してこちらの希望を伝える

こういう時には、とっても頼りになる夫です。

やはり、男性が出てくれた方が管理会社もしっかり話を聞いてくれるような気がします。

管理会社に連絡して何やら夫が話し合っています、かなり冷静な口調・・・小さくて聞こえない

電話を切り終わったので聞いてみたら・・

管理会社が家主さんに連絡して話し合ってくれるという事でした。

そして、おもむろにパソコンに向かう夫・・・

書類を見ながら何やら作成しています。どうやら、我が家が納得いかない項目部分を書類にまとめているようです。

それを管理会社(すぐ近く)に届けてその書類を通して話し合いが行われました。

当初結構、渋り目のお返事だったのでダメ元でという気分で待っていました。

でも、少しでも敷金が多く返って来てほしいと願っていました。

結局、2,3度連絡を取り合って、複数お見積書が再発行されてきました。

見積書にも不備があったり、しましたが、結局のところ

当初、返却金合計が49880円だったのが、

133479円になりました。

83599円ほど返金額が増えたことになりました。

内訳としては、先に上げていた納得いかない部分が全てこちらの負担が0円になり、その他の請求も、当初オーナー負担が少なかった部分が、こちらの負担が激減した形の見積書として再発行されました。

とても、嬉しくて夫には、ありがとう!!と感謝しましたが、そこまでごねたわけでもないのに、ちょっと書類を作って打診したらこんなにも急に返金額が変わることに逆に

不信感を感じました。

なんなんでしょう。

本当に、何も言わないで不当に請求されている人が沢山いて、その金額でかなり潤っている貸主さんや管理会社もいることでしょう。

敷金返金問題は、かなり不透明な部分が多いみたいで、最近では、代理人が敷金返金請求をしてくれるサービス(有料)もあるようです。

ネットでも、自分で敷金に納得いかない場合の話し合いの仕方などものっているので、もし退去する時に納得いかない事があれば話し合ってみてほしいです。


スポンサーリンク





にほんブログ村


にほんブログ村