【急性中耳炎】夜中の応急処置!病院も空いていない時の対処法!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

急性中耳炎は突然の号泣から!夜中の応急処置とは?

最近暑いからなのかなと思って窓を開けたり扇風機を掛けたり・・しましたが少し眠るとなんかもぞもぞしたり唸ったり・・・熱もないし??どこか痛いのかな??と聞いても良く分からない返答・・・

鼻が凄く出ていたので電動鼻吸い器で何度も吸いに洗面所へ・・・

そのまま、リビングのソファーへ行く子供・・泣きだした(´;ω;`)どうしたの???

どこか痛いの???と聞くと左耳を指さす!!

急性中耳炎の始まりかな?

赤ちゃんの頃から中耳炎には何度もなっているのですが、急性中耳炎はとても痛いんですよね。大体熱も出るのですが今回は出ませんでした。

急性と滲出性という二つの中耳炎を良く聞きますが、これは中耳炎が治る途中で名前が変わっているだけの様です。痛みや腫れが強い時期を急性中耳炎と言いその後治っていく途中を滲出性中耳炎と呼ぶのですが滲出性中耳炎は、中々時間がかかります。

急性中耳炎の応急処置は、カロナール(痛み止め)か冷やす!

何度も、急性中耳炎になっていると、病院で頓服(必要な時だけ飲む用)で出された

鎮痛剤が(我が家は、カロナール)余ったりします。

そのため、明らかに耳が痛いと話せるようになってからは、夜中で病院へ行っても痛み止めを貰うだけで次の日耳鼻科へ行ってください!と言われるので、カロナールを飲ませます。

痛いの辛かったね~今この薬を飲んだら20分位したら痛いの無くなるからね・・と言い聞かせて飲ませました。ただ、話せない赤ちゃんなどは、どこが痛いのか分かりにくいですよね?

我が家の子達に限ってかもしれませんが、病気の時、全身を触ると熱が出て居たりしても

特に、痛みのある患部が熱くなっている場合が多いのです。

中耳炎の時は、耳ですね!溶連菌などの時は、喉の周りが熱いです。

夜中に病院へ行けない場合は、全身を触って検討をつけています。

※あくまで、我が家の場合です。

 

初めての中耳炎で、痛み止めが無い!って時もありますよね。

そういう時は、患部を冷やしてあげる良いですよ

耳が痛いと思うので、抱っこしてあげて、耳の辺りにガーゼなどでくるんだ保冷剤や、保冷剤が無ければ、冷たい水で絞ったタオルをあててあげると気持ちいいみたいで少しは痛みが和らぐみたいです(子供談)

夜中、こちらも眠いのに、お世話って本当に大変ですよね、急性中耳炎の場合は、時間が経てば少しずつ痛みが和らいだ経験があるので、(兄弟ともに複数回掛かっています)

少しの間、乗り切ってくださいね。もしかしたら朝まで泣いて、寝て、泣いてを繰り返すかもしれませんが・・・

子供が小さいうちは、発熱した時にも脇や首の後ろ、太ももなどにタオルにくるんであててあげると、少し楽になるので、保冷剤をいくつか常に冷凍庫に入れておくと便利ですよ。

これご存知ですか?

これ、小さい子が居るご家庭の方は結構お使いの方が多いかもしれません。

我が家も、本当にこれには助かりましたよ。

夜中に発熱した時に、中に保冷剤を入れて、子供の脇の辺りにフィットさせられるんですよ、

赤ちゃんから使えます。

脇に挟んでおくのって難しいですよね。すぐ、落ちちゃうし。

そんな時、この商品の出番です。

昼間に、病院へ掛かる時もそのまましていったこともあります。柔らかい素材なので、

寝る時も邪魔になりません。


スポンサーリンク




カロナールで痛みが治まると、

睡魔が凄いらしく、その後寝室に戻り眠りにつきました。しばらく、もぞもぞしていましたがずっと抱っこしていたら安心したのか、眠りにつきました。

私は、その後スマホで明日の耳鼻科のネット予約です。幼稚園は、休みとして欠席届をバスに出してからと考えて丁度いい予約の時間があったので予約してから眠りました。(夜中3時)

朝は、小学生を送り出してから、しばらくゆっくりしてもう、耳の痛みはないようで元気でした。

幼稚園を休むことを告げると、

子供が、、ママ、お願いだから、幼稚園帰って来てから耳鼻科に行こう??

と言われました。どうやら、幼稚園を休みたくない様です。

母 ごめんね、皆勤賞取りたいんだよね、、でもお耳見てごらん??膿が出ているから早く病院行ってお薬貰わないとまた夜痛くなったら困るよね??

※朝になると耳ダレが耳の外まで溢れていました。

というと納得したようです。

幼稚園では皆勤賞が貰えて、何年皆勤かに応じて賞品が貰えるのです。子供はそれを狙っていて、悲しそうにべそかいていました。

この子は、こういう時に、文句を言ったりしないので余計に不憫に思えてくるのです。下の子はうまいな~上の子は、こういうことがあるとやけくそになりがちなので(笑)

まあ、熱もないし感染するよう病気でもないので、午後から病院へ行っても良かったのですがやはり睡眠不足もありますし、念のため休ませていくことにしたので、1年皆勤で貰える賞品は私が買う事を約束しました。そうしたら、凄く嬉しそうにしていました。

話は脱線しますが・・この皆勤賞のシステムちょっと私的には微妙なんですよ!!

なぜなら、皆勤賞を目指す余りにかなり酷い風邪や感染系の症状でも行かせる親が居て(;´∀`)そのため、周りに蔓延していくような、色々な家庭がありますよね。

上の子は、皆勤賞に興味もなく(しかし、年長で奇跡的に、1年皆勤取れました)興味がある子にとっては悲しいですよね。

でも、明らかに朝、熱があったり吐いたりしているのに行かせている親を見ると冬の時期などはぞっとします。おう吐系は、ホント、本人も可哀想ですし、何を考えているんだと思います(# ゚Д゚)

ショッピングモールでも明らかに水疱瘡の子が(あの白いやつ→水疱瘡の薬を塗っている)おもちゃ売り場で遊んでいた時には、慌てて子供抱きかかえて逃げました(-_-;)ちょっと、そういう親っていますよね。

耳鼻科での急性中耳炎の治療方法!

耳鼻科は、予約を取って置いた事もあり一番でした!!

で、カメラで見てもらうと、左耳に案の定急性中耳炎で泡みたいなものが沢山ありました。

下の子は、昔から耳鼻科で泣くこともないので(上は大変でした・・・)色々な治療を全く微動だにせず治療して楽でした。

膿を洗うために耳の中に注射器の様なもので水??生理食塩水??を入れて洗い流してから専用の吸引するもので耳の膿を吸い取るのですが上の子はいつも痛い痛い大騒ぎですが・・静かに佇んでいたので後で感想を聞くと・・・

マリオのゲームの事考えてた~!!という事でした(-_-;)すげー。

鼻水も吸引してもらい抗生剤を三日出されました。三日後にまた診せに行き薬が効いている様ならさらに二日分の抗生剤を出されて・・聞いていない様なら抗生剤を変更するそうです。

この辺りの治療法は、耳鼻科によって違っていて最近では抗生剤を使わない所もあるそうです。

しかし、子供の場合は、膿によって鼓膜が破れたため耳だれが出ていると思うので感染を防ぐ意味でも抗生剤は必要なのかな??と考えています。

急性中耳炎は治りきるまでしっかり通う事が大切です!

急性中耳炎の初期の頃は、痛みや熱が出たりしますがその後痛みも引いて来たりすると大丈夫かな~と思ってそのまま放置しがちです(忙しかったりするとついつい病院もいけない事もありますよね)

実は、我が家上の子も中耳炎体質で特に幼児の頃酷かったのですが・・・

私が、下の子を妊娠していてその頃究極に耳鼻科を嫌がり暴れて(診察台の上では親の膝の上に座らせてがっちり抑えさせられます!妊婦だからお腹がかなりきつかったです)

身体も実年齢より2.3歳大きく見られがちだったのであんな大きな子が暴れてと・・周りの人の白い目(-_-;)本当に憂鬱だったのですが、そんな時に耳が痛いと行った時があったのですが次の日には治っていて・・鼻も出ていたのですがまあいいか・・と行かない時があったのです。

しばらくして、落ち着いた頃に耳鼻科に行くとかなり滲出性中耳炎が進行していてそこから最近まで本当に耳が悪くて苦労しました。

その頃・・私のせいで子供の耳が確実に悪化したと思っていて今でも本当に申し訳なかったと思っています。

もし、耳に異常を感じたら大変でも耳鼻科へ行くことを是非お勧めします。

大人になっても耳の異常が残る人もいるそうです。(真珠種など)そうなると手術したり聴力が低下する事もあるんだそうです(-_-;)

実際上の子は、聴力が通常の人よりは、低いです。原因は不明ですがその頃の事が原因だったと私は思っています。

なので、今私と一緒に漢方内科へ通って大分鼻も良くなってきたので最近やっと安心しています。

中耳炎の一番の予防は、自宅で鼻水を吸う事、きちんとかませること

なのですが、中々難しいですよね。我が家では、こちらのアイテムで予防しています。

⇒【電動鼻水吸引器】夜中の咳き込みが止まらない!!そんな夜におススメの一品!! 

我が家は、おもいやりという機種を使っています。

こちらのメルシーポットも最近人気みたいです♪

赤ちゃんの場合は、何だかグズグズする・・耳の辺りを手で触っている、熱がいつまでたっても下がらないなどは耳鼻科を受診すると意外に中耳炎だったという事があるそうです。

6歳までの子供は気が付かない人も居れてほとんどの子が中耳炎にかかると言われています。

耳は大事な期間なので是非!!良い耳鼻科(これも大切)を見つけて掛かりつけにしておくと安心ですね!!


スポンサーリンク




にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(30代)へ
にほんブログ村