【逆流性食道炎】体調が悪い時の精神との関係について

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

風邪/Catching a cold

どんな病気でも気分は落ちますが!原因不明先が見えないというのが落ち込みの原因

例えば風邪をひいてしまっても結構気分は落ち込むことがありますよね。ただ風邪は大体生きていればどんな人でも一回はかかった事がありますよね。よほど、重症化してしまうと大変なものですが普通にしていれば数日ゆっくりと休養を取れば治ります。

頭痛、腹痛も同じくなのですが昔会社勤めをしていた時にお昼ご飯を食べている時に同僚が言ったのです。

1人は、偏頭痛持ちの子でいつ来るか分からない頭痛、そしてなってしまえば薬も効かないらしく早退をすることも・・・

もう一人は、今まで頭痛になった事がないらしく、そのお昼休みにこういう話をしました。

昨日頭痛になってこのまま死ぬんじゃないかと思ったからメールしちゃった(その偏頭痛持ちの子に)

偏頭痛持ちの子は苦笑いしていましたし私も偏頭痛ではない鎮痛剤が効く頭痛は雨の日や天気が悪い日、生理前などは良くなるのでえっ(;´∀`)頭痛位で!!と思いました。

初めての経験に対しては誰もが不安に陥る!!今後どうなるか未知だから・・

その時は、驚きました、まあ頭痛でも侮れないものもあります。命にかかわるものもありますが・・多分そういう頭痛って尋常じゃない痛みがあるような・・・・その子の場合はそういう訳でもないらしく鎮痛剤を飲んだら治ったらしいのですが(;^ω^)

今までどんだけ健康体だったんだ!!!って凄く驚きました!!

生まれてから頭痛になった記憶があまりないとそれは慌てますよね。健康で羨ましい限りですが普段熱を出さない人が出したときも同じように大変大げさな反応になっていました

私が今回逆流性になり不安になったのもこの考え方なのかもしれません。

始めの頃は、ネットを読み漁り不安が更に倍増していました。

勿論、ネットで食事の仕方などを参考にして実行したことで・・・症状が薬を飲む前から落ち着いてきた感覚はあったので有益な情報もあります。しかし、中にはただただ不安をあおる様なものもあるのです。

逆流性食道炎で調べていても・・こんな方法で完治した!!⇒この続きは、お金を払って・・・みたいなものも沢山あり・・・病につけ込んで!!と怒りを覚えました!!

後は、好きなものを食べられないストレス(食べたらまた具合が悪くなるかもという恐怖)に襲われていたのもとても良くないのですよね。


スポンサーリンク



気の持ちようって・・凄く難しい!!日頃からの訓練が必要ですね・・

人によって持って生まれた性格・・・後天的に出来上がった性格がありますよね。

だから、むりやりポジティブに考える事がストレスになる人も居ます。

私は人に頑張れと言われるのが本当に苦手でもう頑張っているよね。とか無理しないでと言ってほしい人間です(;’∀’)押しつぶされてしまう感覚になるのです・・・

だから、今回落ち込み絶望してそして格闘して知識を植え付けて考えて(;^ω^)自分の身体に優しい言葉をかけました(ちょっと危ない感じですがこれが効果的です)

そうして段々と食事療法と薬と白湯とガム(これもネット情報)のお陰で調子が良い時間が伸びてきて調子が良い時間帯は考え方が前向きになるのでその時に思いっきりポジティブな事を考えています。

数日前は朝起きたらまた一日が始まる(´;ω;`)という絶望状態でした。

なんせ、うどん、バナナ、牛乳の繰り返ししかも間食もダメと思っていたので空腹からふらふらするし・・・それでも、毎日朝流行って来て家事をしたり子供の世話は終わらない・・・思考も呂律も危なくて滑舌まで悪くなり子供への説教している時も噛んだりして(´;ω;`)

完全に追い詰められていたと思います。

今まで当たり前だったけれど好きなものを好きな時に食べられるのは本当に幸せなことだって気が付いた

昨日私はチップスターを5枚食べましたが大きな異常は今日まで感じていません。

更に、芋好きの私は今日冷凍ポテトを買ってきて油で揚げるのではなくトースターでオーブンポテトを作りました☆今日も5本ですが、美味しいことこの上ない(´;ω;`)こんな日が来るなんて

朝は、抜いたほうが調子が良い様な気がしてきました。食べるごとに逆流が起こり、痰が絡み咳が出る感じがあるので。

昼ご飯は同じくオーブンポテトと前夜の鍋の残りにうどんをたして

卵、うどん、鶏ひき肉の団子 を食べました。少し白菜も入っていたかな??

その後すぐにグリーンミントガム  

をずっと噛み続けました。時間は1時間位唾液がアルカリ性なので胃酸の酸性と混じり中和してくれる効果と食道に上がってきた胃酸を唾液とともに飲み込む効果があるそうです。

未知の不安とパニックの関連性について考えてみた

人間が身を守るためにも必要な事なのでしょうがこう度々不安にとらわれるのは疲れますし周囲にも迷惑をかけてしまいます。

元気なうちからどんなときにも平静を装える精神状態を鍛える事が大切だなと感じました。

※不可能だと思えるこの鍛える!!事ですが、実際に色々な方法があるそうで・・・

テレビでやっていました。心も身体と同じく鍛える事が出来るのですね。

これから沢山の衝撃的な事が起きるでしょう。その度に慌てふためいていては大変ですし何より自分が辛いです。

ストレスは身体にとても良くないのです。

ヨガが良いと聞いてしばらく続けることにしましたが効果があると良いなと思います。

後は、ホント人それぞれですが趣味がある人はとても素晴らしいと思います。

私は特にないので自然に触れると癒される・・・だからまずは、もう少し外に出る機会を増やそうと思います。

まとめ

体調と精神は本当につながっているなと感じる体験でした。

ビックリする位繋がっていてしかもそれをコントロールできなくて(-_-;)苦しかったです・・・

重い病で闘病されている人の苦しみはこんなものじゃないんだな・・って考えたりして・・・でも明るくされている方が大勢いて・・強いな!!というか。そういう風に自ら頑張ってしているのかな??とか色々考えました。

自分が体調悪くなると家族などに本当にありがたみが湧くんですが。。治るとまたこ憎たらしい事を言ったり、不満が出てきたり・・・人の気持ちが分かる様な優しい人間になりたいなと思いました。


スポンサーリンク




にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(30代)へ
にほんブログ村